やや小さめ

やや小さめの無双のリベンジ完了。思ったより小さくならなかった。京都の無双籠はふんわ~りさせるけど、他の地域の無双籠はふわっとさせない。ふわっとさせないバージョンも作ってみたいよねーー。あれはきっと材料が薄いはず。やってみたいことが増えてしまった。そろっと、帰省土産のカゴなどを作りだそうと思っていたから、どれからやっていくかが問題ですね☆見本にしている無双籠と比べたら、雪だるまみたいになった。祖母が...

  • 2016.12.09

金継ぎ教室最終日

日曜日(2016/12/04)は金継ぎ教室最終日でした。今回はいよいよ金を蒔きます!金を乗せるために、漆をうっすら書いていく。赤いところが塗りたて。そばちょこは、内側をやってから外側をしたからそんなことなかったけど、お皿は反対側書いているうちに、反対側触ってしまって書き直しになったり、集中力が途切れてはみ出しちゃったり、、簡単に思えて意外と神経削る作業でした。漆を載せ過ぎたところは、ティッシュで押さえて拭き...

立体化

土曜日(2016/12/03)はまた姉のところへ行きました。看板づくりの続きです。先週は材料買って終わったので、今回は製作・設置までしました。手土産を買いに中村軒へ。土日だからおだんご焼いてるーー。それを買いに来たんじゃなかったんだけど、変更してみたらしだんご買いました。この香り嗅いで、買わないで帰られるわけない!3本入り660円です。1本220円って安くないけど、食べたら分かる。ヤマザキの3本100円のだんごは糊だけ...

ミニ無双リベンジ

2~3ヶ月前にやってみて、失敗した「ミニ無双籠」のリベンジです。まず、底を3枚編みました。大好きな四角の模様が入る網代と、黒竹の材だけ余ったので、黒竹だけで鉄線。直径13cmくらいかしら~。ちょうどいいお皿を型にしたから、何センチ!とか分からないんだよね。帰ったら測ります。今月で、ここに越してきてちょうど3年になります。月日が経つのは本当に早いねえ。越してきた日に、クリスマスっぽいお花が植わってたこのプ...

  • 2016.12.01

初冬ver.

姉の旦那さんのお店Cantina 8(カンティーナ オット)のメニュー表を変えました☆クリスマスが近いので赤ベースで♪初秋ver.と比べるとこーんなに違うのヾ(・∀・)ノ夏ver.はこちらをクリック☆夏も初秋も初冬も良い感じ♪初秋のさわやかから、愛あふれる温かい感じに。クリスマスの特別コースのメニュー表づくりも頼まれてる( ^ω^ )どんな感じにしようかな。ごきげんよう、さようなら。...

難有り

とにかく手を動かそうということで、避けていた難有り竹を割りました。傷多め、節間(節から節までの距離)が短い、やたら分厚いっていう竹です。虫発生&カビ生えから少し経って、虫はいるだろうしカビているだろうなと思って割り始めたんだけど、虫は全滅してました。何家族かでこの地に訪れ、この地で繁栄し、この地で途絶えたっていう感じ。あ~、よかった。怪我防止のため、最初の荒割り・荒剥ぎはゴム軍手をするのだけど、こ...

  • 2016.11.28

佐渡に行った理由

これは父に抱っこされてねんねするパンチ。・・・さて、今回はこの間、急遽帰省し佐渡を訪れた理由を書きます。なが~いなが~い迷走の中で自分がなにがしたいのか分からなくなってしまっていました。誰かが喜ぶものを作りたいと思うのに、自分が欲しいものしか作らないという矛盾。10月に新潟県・十日町で開催された手作り市で、あるお客さんに「だれかの立場になって考えて、ものを作れるようになるといいね。きっとすぐなれるよ...

石川雲蝶

新潟帰省最終日(2016年11月23日(水・祝))は、両親と石川雲蝶を見に行きました。行きたいなあとぼんやり思っていて、新潟のどのへんにあるかも分かっていませんでした。南魚沼市、小出方面でした。せっかくの休みなのに雨で海に出られなかった父の運転で向いました。駐車場あります。駐車場からまっすぐ行くと鳥居をくぐれないので、鳥居の方に周って入りました。冬は藁をかぶしている。画像検索したら、冬以外は傘をかぶってい...

県立歴史博物館

佐渡で金山の展示場行けなかった代わりに、11月22日(火)、バスに乗って新潟県立歴史博物館に行きました。な、なんとバスで40分。(片道390円)とおいな~、新潟県ってほんっとゆったりしてるな~と改めて思いました。縄文コーナー。ブラタモリ情報・金山だったら「あ~酒が飲みてぇ、なじみの女に会いてえなあ」が聞けたはずですが、ここは、鳥の声や波の音が聞えます。新潟の暮らしコーナー。道具屋さんに竹籠が山ほどあったど...

牛乳髭

かわいいボビちゃん♪実家にいる間、よくわたしの膝に乗ってくれたな~。牛乳髭生えてますよ。ボビちゃんはいろいろ食べます。おだんごやホイップクリーム、おいも、珍しいところでは納豆。シーチキンの缶を舐めるのが好きです。夕飯時には父さんの隣に座っておすそ分けを待ちます。かわいいやつです。ごきげんよう、さようなら。...

  • 2016.11.24

佐渡旅おわり

佐渡2泊3日・竹めぐりの旅についてようやく更新しますー。スマホで長い文章書くの大変だっけ、写真だけ投稿・下書き保存してました。実家にいるうちに更新しようと思ってたんだけど、使い慣れてないパソコンでするよりも~、すでに更新遅れてっし~、ということで、だいぶ遅れての更新となりました。佐渡2日目。沢根の旅館「喜代勢」のおかみさんが、海が見える部屋を用意してくださった。夜はただ暗いだけだったけど、朝は、朝日...

佐渡上陸

16:00新潟西港→18:30両津のフェリーに乗りました。雨はぎりぎりやんだけど、誰も外には出ていませんでした。佐渡汽船の壁紙。佐渡の方言はちょっと関西よりと聞く。確かに、【ほかる=捨てる】って、京都弁でも似た言い方をする。京都では【ほかす】だけど、おんなじようなもんだ。車一台と大人二人往復運賃は28,800円でした└(゚∀゚ )┘母曰く、「夏は車一台と大人一人往復で3万越えるよ」らしい。オフシーズン最高!!Instagramを通じ...

東北民藝館の詳細

多くの方に訪ねてもらいたいので、東北民藝館の詳細載せます♪歴史をそのままに・・・・・豪農の館・肥田野邸東北民藝館access《住所》新潟県新発田市米倉2943《電話》0254-28-5160《開館時館》午前10時~午後4時《休館日》木曜日・年末年始1月~3月迄は予約をお願いします【チラシより引用】肥田野家は天文三年近江国より米倉村大槻に移住し農耕を営んだ。延宝五年村寄せのため米倉の現在地に移り、今の母屋は文化六年の普請である...

おパン

寒くなって家にいることが多くなったパンチ。夏はほとんど帰ってこないんだけど、冬は毎日帰ってきて、ごはん食べ終わっても家にいることが多くなる母の膝に乗せてもらってうっとりしてるの図。「最高だ」っていう顔してる~( 〃▽〃)朝ごはん食べたあと出掛けようとしたから、「雨だし家にいなよ」って言ったら、椅子で寝てる。猫は自由で素敵だ♪ごきげんよう、さようなら。...

  • 2016.11.19

添い寝

昨晩の父とパンチ。お酒飲んで耳まで赤くなった父と、父に愛でられてるパンチがかわいかったので写真撮りました「寝かしつけたから終わり」だそうです。爪研ぎの段ボールのカスでふたりともゴミだらけですぞ(-∀-)パンチよかったねーーー!ごきげんよう、さようなら。...

  • 2016.11.19

東北民藝館

帰省初日( ^ω^ )ここは長岡インター。6:00ちょっと過ぎだったかな。霧がかっててきれいでした。朝ごはんは柚うどん(^○^)今日は新発田の東北民藝館に行きます!ばあちゃんを迎えに行って、海沿いを走り、新発田へゆきます。分水でみかけた白鳥。米袋じゃないよ。川と海と山。佐渡がよく見えるーー!あそこはもしかして宿根木?とわくわくしました。角田を通ったので、大岩さまもゆきました。たまたま大岩さまも行くって、豪華だな...

フィンランドの教育

フェイスブックでシェア続出の動画を見ました。フィンランドの教育についてのもの。フィンランド 教育↑をクリックすると、その動画が見られます。10分ほどの短い動画なのですが、素晴らしかった。フィンランドの学力が世界トップなのは、どこかで読んで知ってはいたけど、なぜかは知らなかった。フェイスブックでは日本もこうなればいいのに~とコメントがあったけど、、まあね、はははは。良い所だけ紹介してる!という意見もあ...

ハイヤ節

私のスマホに入っている曲で、民謡だけのプレイリストを作ってみたら、なんと187曲9時間17分6秒!!!いやあ、こんなにも入ってたなんて、わたしも驚きですわい。こんなに入っていても、知らない曲なんて山ほどあって、有名曲しか入ってないけど、その有名曲も欠けてたり。ごはん作るとき、洗濯もの干すとき、作業するとき、などなどスマホに入ってると、いつでも聞けて便利です。実家にいるとき流してたら、父が口ずさみ、「なん...

雪だるま型

あの竹だけでつける持ち手って、雪だるまに見えるよね~あのぐにゃぐにゃしてるところ。最初は気づかなかったけど、気づくとそれにしか見えないよ~、かわいい~。さて、今回は、自分の作った籠の修理依頼です。持ち手が緩んできたから、取り換えて欲しい、出来れば横じゃなくて縦にとのこと。前は竹と籐でやる、一般的な持ち手の付け方だったんだけど、なんかしっくり来なくてさ。そして3年前のだったからもちろん下手だし、そり...

  • 2016.11.16

杵籠スタート

新しい籠を習いました。あのお餅をつく“杵”の形をした籠、名前はそのまんま「杵籠」。杵なんか絵本でしか見たことないよね~。お月さまでうさぎが餅つきに使っているイメージしかない。家でやるような餅つきで杵を使っているのみたことない。竹を型にして作ります。ビニール紐を竹にくくり、自竹を本数分(23本)差して、ヌキ(長いひご)を2目飛ばしで編んでゆきます。紐を使うと知らなかったとき、どうやって筒状に編むのかなあ...

  • 2016.11.15

これっくらいのお弁当箱に♪

6歳の誕生日籠は、今年はどうしますぅ?ともっちゃんままに連絡してみたら、「お弁当箱兼宝物入れになる蓋付きの六ツ目お願いします!」と回答いただきました。六ツ目でいいの~?超簡単じゃん、6歳だから六ツ目なのかな?、普通の六ツ目じゃつまらんからな~どうしようかな~ということで、2本寄せの六ツ目にしてぼんやり楕円にして、尻竹も斜めに差してみました☆蓋物って難しくて、蓋のつもりで作ったのに大き過ぎたり、同じ...

  • 2016.11.14