カテゴリー "勉強" の記事

わら細工体験

日曜日(2016年12月11日)に、マヤルカ古書店にて、わら細工のワークショップに参加してきました。マヤルカ古書店は、昨年、二人展をさせていただいたお店です。二人展開催の様子先生は東京出身、京都に15年住んで、わら細工の勉強をするために福島県会津地方に移り住んだ方です。午前の部は鍋敷きづくり、午後の部は正月飾りでしたので、午前の部に参加させていただきました☆こういうのあるよね~~。なんだか、この間、東北民藝...

金継ぎ教室最終日

日曜日(2016/12/04)は金継ぎ教室最終日でした。今回はいよいよ金を蒔きます!金を乗せるために、漆をうっすら書いていく。赤いところが塗りたて。そばちょこは、内側をやってから外側をしたからそんなことなかったけど、お皿は反対側書いているうちに、反対側触ってしまって書き直しになったり、集中力が途切れてはみ出しちゃったり、、簡単に思えて意外と神経削る作業でした。漆を載せ過ぎたところは、ティッシュで押さえて拭き...

金継ぎ教室③

2016年11月13日(日)は金継ぎ教室3回目でした。お天気もよく、寒すぎず暑すぎずの日でしたので、観光客がいっぱいで電車乗るとき落ち込みました。たしかに紅葉はきれいだけどさ…、観光地はすごいね。。阪急河原町→京阪祇園四条に乗り換え、東福寺下車。大通りから新熊野神社の大楠見えます(^∇^)今回は、金を塗るための最後の下準備作業です。はみ出たところを、砥石や紙やすり、カッターなどを使い、きれいにおとします。最後の下...

金継ぎ教室②

昨日は金継ぎ教室2回目でした。まずは仮止めしたセロテープをはがし、はみ出た漆を3種類の砥石で削り、金を塗る下準備“サビ”を練り込みました。第1回は割れた皿と皿とを漆でくっつける作業。2回目は金を塗る下準備作業だったのでした☆会場の様子。先生2人対生徒8人。割れてないけど、ひびが入っているそばちょこも金継ぎします。割れてないので、ひび上にルーターで浅く削ります。削ったところが金色になります☆削り作業は意外と難...

ちづるさま

我らが神、三砂ちづるさまの本、きものは、からだにとてもいい(Amazon_700円)。『オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す』が有名ですが、どの本もとても面白いです。面白かったな~って思う本を繰り返し読んでいて、他の本に手を出していなかったのですが、盆踊りに興味を持って、上手に踊れるようになるためにはどうしたらいいか?というところに行きつき、そういえばちづるさまがきものの本書いていたなあと思い出し、...

金継ぎ教室

昨日の午前中は金継ぎ教室に行ってきました!会場は、東山の戒光寺。アホなことに前日夜更かしして、寝坊してしまったのですね。教室は10~12時、なのに起床時間9:07!桂から会場までのアクセスは、①桂駅~京都駅までバス(30分)、京都駅から会場まで歩く(30分)②桂駅→烏丸→京都→東福寺(40分)、会場まで歩く(15分)バスや電車では間に合わない!!下の図で分かるように、バス&電車は遠回りなのよね。自転車で行った方が近い...

木地師の学び

『きのうの景色』というイベントに行ってきました。民映研の『奥会津の木地師』の上映と芸術家さんの講演会です。わたしは用事があったので、上映会のみ参加してきました。民映研の代表作品のひとつとも言われてる映像作品No.5『奥会津の木地師』 1976年 55分福島県南会津郡田島町針生姫田忠義氏が初めてひとりナレーションを行った記念すべき作品。姫田忠義さんとは、1928年神戸生まれ。テレビのライターのかたわら民俗学者宮本...

焼畑の学び

『民映研の映画をみんなで上映する会』イベントに行ってきました♪上映作品は「西米良の焼畑」で、民俗学の先生、お二人の講演付きです!○「九州地方の焼畑(仮題)」  近畿大学名誉教授 野本寛一 氏 ○「雑穀の農耕文化史(仮題)」  京都大学名誉教授 阪本寧男 氏映画を見ながら、メモしたのを載せます。1回じゃなくて何回も見たい、持っていたい。販売すればいいのになーー。舞台は宮崎県のなんとかっていうところ。九州...

竹教室の先輩から、自然栽培の丹波栗をいただきました。ひとつぶが大きい!!栗は自然栽培だろうと、有機だろうと、農薬ありだろうと、虫はついているそうです。虫は平気でゴキブリは踏みつぶせるけど、イモムシのようなみずっぽい虫は苦手(>_...

8/22京大吉田勉強会

8/22に“自由と平和のための京大有志の会”の勉強会があるみたい。日時:2015年 8月22日(土)16:00~18:00会場:京都大学 吉田本部構内 文学部校舎 第3講義室(8番の建物の南側2階)テーマ:日本国憲法と平和主義――著者が語る『憲法9条の思想水脈』講師:山室信一氏(京都大学教授、同人文科学研究所前所長)※入場無料・予約不要詳しくは↓をクリック自由と平和のための京大有志の会 勉強会の予定だれでも参加OKなんだってさ。...

意思表示

澤地久枝のよびかけ~本文より引用~アベ政治の非道に、主権者一人ひとりの抗議の意思をいっせいに示そう。全国共通のスローガンを、同時に掲げる。言葉は”アベ政治を許さない” 文字は金子兜太さんが書いてくださいました。A3の大きさで掲げて下さい 「セブンイレブン」のネットプリントで印刷できます。 ・予約番号 50298227   A3, 白黒    プリント有効期限 2015/07/24 (1枚20円)~~日本中に拡散をお願いし...

京大有志の会

勉強不足のため、相手に伝えたくても伝えられない。少しずつ勉強していこうと思う。オススメ記事をここで紹介させていただきます。学問は権力の下僕ではない…京大有志の声明、共感広がる( ↑ クリックするとリンク先に飛びます )~本文より引用~■「自由と平和のための京大有志の会」の声明書(全文)戦争は、防衛を名目に始まる。戦争は、兵器産業に富をもたらす。戦争は、すぐに制御が効かなくなる。戦争は、始めるよりも終...

伝統刺繍

トランシルバニアの伝統刺繍イーラーショシュ (谷崎 聖子)刺繍始めます。わたし いつかやりたいなって思ってることって大概やらないんだよね。いつもそう。なのでブログに載せて やる宣言します!刺繍は高校生のころ少しやってたけど、サンタさんからたくさんのキレーな刺繍糸をもらってやらなくなった。こんな大事なもの使えないって。野菜籠を作って「常温で置いとく野菜を入れてください」って言うと、もったいなくって使えな...

色と形の勉強⑤

 色と形の勉強⑤ 全て EN MI ESPACIO VITAL で見つけた画像 全部で22枚です。   ろうそく良いよね~   天蓋付きベッド♡  海の近くに住みたい、それか水の近く。  竹×ガラスのコラボはどんどんやってきたい。 けど、ガラスはガラスだけできれいなんだよね。 そこに竹が入る意味のあるものを作らないとね。    小さい頃大事にしてたものってどうしてる??  おデブが座ったらペシャンコに...

色と形の勉強④

 色と形の勉強④ 全て EN MI ESPACIO VITAL で見つけた画像 全部で25枚です。     この色合い好きだ  このポスターかわよい  電気の傘かわいい こういう形のキッチンかわいいよね~   子供部屋かな?? かわいいね~、夜中までおしゃべりしちゃうね♪  電気の傘かわいいね~ 美女と野獣の薔薇が入ってた入れ物みたい  ぶらんこ!  カゴに編みつけるの面白いね!ぜったいしないけど!  ...

色と形の勉強③

 色と形の勉強③ 全て EN MI ESPACIO VITAL で見つけた画像 全部で25枚です。  おそらくラタン製。 ベッドも鏡も棚もなんてかわいいんだ!  花柄の階段、イイネ  もふもふ  お庭にこんなのほしいね~  ツバメのモビールかわいい   只今ゴマブーム。 小さいのにこんなに美味しいってステキよね~   動物の背もたれかわいい。どうやって作るんだろ~?まず何製なんだろう??   なんにも...

色と形の勉強②

 前回に引き続き、 EN MI ESPACEO VITALの画像 自分のファイルに保存するとすぐに容量いっぱいになってしまうので ここにお気に入りを載せて保存、たまに見返して参考にいたします!  この屋根、編めるよね~♪  よく見る竹のオブジェはやたら編みがしてあるけど、 二重六ツ目とかにしたらきれいかも。  透けてたら屋根の意味がないのかもだけど、いつかやってみたいね。  外国の日本イメージの映...

色と形の勉強①

 最近、記事の投稿が少なくなってすみませんー 6月末~7/15までアクセサリーの納品が3件続き、今は燃えカスってます ちまちましたのはもうこりごりだぜーと思いながらも、 あそこを改良したいとか、こんな風なの作ってみたいとかも思ってて 頭の中ぐちゃぐちゃですー、、ま、夏だからね!!しかたないよね!! 小瓶のネックレスは↓の写真を見てて思いついたもの。 ほんとはこんくらい編みたいんだけどねー、なにか方法ない...

「Less is more.」(より少ないことは、より豊かなこと)

  「Less is more.」(より少ないことは、より豊かなこと) ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ(1886年3月27日~1969年8月17日)は、 20世紀のモダニズム建築を代表する、ドイツ出身の建築家。 「less is more」の他に、「God is in the detail」(神は細部に宿る)という標語で知られ、 近代主義建築のコンセプトの成立に貢献した建築家である。<Wikipediaから引用>   世界三大建築家の1人で「近代建築の父...