2014年09月の記事

炭斗籠_平編み

  9月中ごろから始めた「炭斗籠(すみとりかご)」です。 炭斗籠とは、炭を入れておく器のことです。茶道で使うそうです。  内側には和紙を貼り、漆を塗るのが一般的です。 さて、わたしの炭斗はまだ平編みですが2色作りました。 白を先に作ったのですが、材料が厚いと先生に指摘を受け、作り直しながら作製しました。 ↓ 黒竹  紙1枚前後の厚み。 でも、今日の竹教室で「厚い」「薄い」って言われるかもしれませんが、 ...

  • 2014.09.30

ビー玉ピアス改良…かまぼこ?

 こんにちは! ひさーしぶりの更新です 作ってはいたんだけどね、ブログ載せるほどのものは作ってなかったからさ…。 同じもの量産だとか、作り直しとか、改良してみたりだとか♪ 載せるほどじゃないでしょ。  しゃら~ん↓ビー玉ピアスを改良しました~~ なにが違うか分からないって、、2枚目をごらんあそばせ。  手前(赤)が新作、奥(黄色)が旧作。 中のビー玉のサイズは1.2cmと変わりありません。 ひごの幅を少し狭...

  • 2014.09.30

染めていただきました

 前に作った桂籠たちです! 先生が夏休みの間に染めてくれました 手前のはうっかりしてて染めすぎちゃったらしいですが、 むしろわたしは手前のが好きです。骨董品みたいで これで終わりではなくてヤスリかけて漆が普通ですが、 かぶれたくないので、柿渋を薄くしたのを何回かに分けて塗ろうかと思ってます。  染め過ぎちゃった方はシノベです。 2つ目に作ったので形がきれいです  こっちは真竹で作りました。 初めて...

  • 2014.09.03

花刺し重ね六ツ目

 昨日は夏休み明け第1回目の竹教室でした♪ 次に作るものが決まっていなかったのでやったことない編み方の練習をしました。 「花刺し重ね六ツ目」という編み方です。 名前のとおり、大きさの違う2枚の六ツ目を重ねて、細いひごで合体させます。 そのため3種類の幅のひごが必要となります。   なんとかできました。 けど、少し厚かったです。。初めからできるわけがないのでリベンジします!   ただ、この編み方、裏面...

  • 2014.09.03

むし

 竹の虫。 イモムシでないことを願う。  あ~、よかった、、成虫でした!  害がなければ逃がすけど、竹かじられたら困っちゃうから抹殺しました。  ちゃんちゃん。...

  • 2014.09.03