2015年11月の記事

輪っか

無双籠、折り返し(?)時にひごを入れますが、そのひごを輪っかにした方が形が綺麗になると先生に聞いたのでやってみました。1つ目は必ず失敗させる先生のなぞの方針。。立ち上げて、ここで折り返します。入れるひごは合わし目を削って、アロンアルファでとめます。こうやって、ここに入れる。3本飛ばし前よりマシだけど、マシなだけ。でもこれは、材料直してないからね!次のは直したしね、たぶん出来るはずー。...

  • 2015.11.05

【訂正】輪弧編み

訂正ですー(=゚ω゚)ノ前回載せた輪弧編み、間違ってました☆3飛ばし2くぐりで編んでましたが、4飛ばし2くぐりの間違いでした。目がつまらないのは、材料が厚いせいもあったけど、飛び数が少ないからなのも原因でした。12(1の左側に並べていく)3456(1をくぐる)7(1、2をくぐる)8(2、3をくぐる)4飛ばし2くぐりを繰り返す。右手・左手に4本づつ持って、合体させる。整える(‘o’)節を中心に持ってくる。ズーム(゚∀゚)無双の準備完了。...

  • 2015.11.05

今度は牛

絵入りの書写、第二弾。今度は文字多めのこの絵。だれが描いたか分からない。でも良い絵なんだ。文字も変体仮名まじりで、ぎりぎり読めたり、読めなかったり。牛の角に布を掛けておいたら、牛が逃げたみたいな話。たぶん。ところどころ、漢字にルビがふってあるんだけど、そこ?ってところにふってあって不思議な気分になった。牛が読めたら、布も読めそうだけど、布はずーとルビがふってあった。女性の着物の柄がかわいかった。そ...

青竹皮抜き

染めるので、皮を剥いています。いつもは“せん”という皮を剥く道具(鎌みたいなピーラーのような刃物)を使うのですが、先生と教室の先輩に聞いてみたところ、小刀で十分とのこと。学生のときは小刀しか持ってなかったので、小刀でしていましたが、卒業する時せんを購入し、皮剥くときはせんを使ってました。あのときは小刀が上手く砥げなかったけど、今は違うはずと思い、久しぶりに小刀で皮を剥いてみました。そしたら、とーーっ...

  • 2015.11.03

絵の書写

作品として、有りか無しかわからないけど、できたら面白そうなのでやってみました。歌川なんとかさんの描いた雪景色。噺家一覧と同じく、重ねて丸写しします。色を塗ってかんせーい♪噺家一覧1枚書くのに5時間かかるのに対して、これは2時間ほど。そして作品としてOKですってよ!最後の追い込みです。平行して篆刻印も作ります。いそがしやー。...

無双籠の底追加

無双籠の底を編みました。配色2本寄せ鉄線編みです♪模様網代も。理解したと思うと編み間違えてます(^^;全部で7枚。輪弧の材料もできたので今晩から編めます!...

  • 2015.11.01

竹入荷

白黒青の竹入荷しました♪家が長くてよかったー!4mの竹が入ります。半分に切って、竹置き場へ。ここは玄関、下駄箱の横です。広い玄関のある家でよかった。このお家、とってもすてきなのです。青竹は乾く前に早いとこ材料にしてしまいます。春までに使いきるつもりで制作してゆきます!!...

  • 2015.11.01