名をもらう

書道の雅号いただきました。

先生は水桂(すいけい)という雅号で、先生の生徒は「水」のついた名をつけるんだってさ。

わたしは知映なので「映水」となりました。

知水さんはもう居るから「映水」になったのですが、

画数のバランスとか、男なのか女なのか分からない感じがとても気に入っています。

良い名をいただき光栄です!篆刻も「映水」に作り替えないとね♪

↓ 楷書(実用書に名前を書くとき用)



↓ 草書(作品に名前を書くとき用)



自分の名前こそ一番上手に書けなきゃいけないところですが、

書道の先生曰く、自分の名を上手く書けない人は多いらしい。

上手く書かなきゃ感が強くなって力んでしまうのかしらね??

わたしも名字は得意なんだけど、名前苦手~。

練習します。





スポンサーサイト