長ます網代(立ち上げ)

  • 2015.09.06
最初の網代11段、追加17本ずつの長ます網代。
コテをあてて立ち上げます。 
節で折れないように最後の数段は節なしひごに変えます。



最初の網代11段ね。



節なしひご。
10段までが節有りひごで、
あとの7段を節なしひごにしました。



まるのところが節なしひご。
まるのところが角になるので、
ひごの真ん中が来るようにします。
これをしないと立ち上げたとき、失敗します。



立ち上げる前に模様を入れます。



ほどいて、入れる。



全部模様入れる。
(立ち上げの時、編み間違えがありほどきながら編みました



コテ当てして、立ち上げました。
四角の文様を覚えるための練習なので、
できるところまで入れました。



四角の文様ズーム



↓ 分かりにくいので、少し加工したもの。



底編みのときに間違ってたので、立ち上げだけで約2時間もかかってしまいましたー。
首が凝り固まりました。
竹細工するには背が高すぎるんだよ、きっと。
背が低くても関係ないか??
でも覗き込む姿勢をした場合、背が高い方が曲がりが長いから~~…。
長い分、血が止まりにくいのかな?
背が高い低いは関係ないよね。

昔の職人さんと今の職人さんの体型は違う。
けど、指が長い人に対して、
「器用そうですね~」、「長くて使いやすそう」とか言うけど、
指が短かったことがないから、それがそれに繋がる訳がないし、努力して指を伸ばした訳でもない。

ということは、身長の高さは関係ないとなるね。
ああ、首が痛い。




スポンサーサイト