背負う部分

  • 2015.11.25
新潟豊栄のワラ細工本。



この台ってノメシコキっていうんだ。
新潟の方言でノメシコキは面倒臭がりのことだけど・・・。
この台を使うのはノメシコキだってことなのかな~?笑
たしかに足で出来るんもんな~~。



背負い籠の背負う部分を作ります。
ワラジを細く編みます。

布準備



最初は台を使います。



台に付けたまま編むと幅が広くなってしまうので、足に付け替えます。



編めた♪



だいたい一緒。





2本編むのに45分くらい。
切れないし、とっても楽だ(^o^)

籠に固定して完成。
完成図は今晩あげます。


 
スポンサーサイト