京都の冬

昨晩遅くまで作業してたので、今朝は7:00起き。
なんだか昨日より寒いなあと、布団の中で携帯のお天気検索。
8:00みぞれ、9:00くもり、、、
うまくいけば自転車で行けるなあ、それにしても寒いなあと、窓を開けると、雪じゃーん♪
うちの窓ガラスは全部曇りガラスなので、朝か夜かは分かるけれど詳しくは開けないと分からない。

こんなの積もったうちに入らないけれど、雪は雪。
やっと、冬だということを自覚できた感。
気持ちは登校中の小学生と同じくらいだったけれど、写真だけで我慢.゚+.(・∀・)゚+.



お隣の植木もうっすら雪が積もって綺麗だったわあ。







職場は山の上だから、少し多いかな?と思ったけれどそんなに大きな差はなかった。
もちろん自転車は無理なので徒歩+バスで通勤。
こんなすこーしの雪なのに足元すんごい注意して歩いている人の横を超速足で抜く。
バスも遅れた、渋滞にドはまり。。
東京ほどの混雑はないけれど、混乱はしてる。





京都の冬はこんなもん。
ふわふわの雪だからお昼に溶けちゃうだろうな。
溶けた雪が明日の朝凍るんだ、きっと。
地元は雪がたくさん降る代わりに寒くない、京都は雪が降らない代わりにすごく寒い。
雪はそこそこ、寒さもそこそこのところに住みたいなあ。

ここ京都市西京区より、学生時代過ごした京都府南丹市園部町の方がずっーーーーーと寒い。
あの寒い中、ヤマトの仕分けバイトしてたもんな~。
肉体労働だから汗かいちゃったりしてさ、地面が凍っているから足元きをつけつつ、手がかじかむ中、冷蔵・冷凍の荷物分けたりさ~、冷蔵庫の冷気が温かく感じるくらい寒かった。
みんなで協力して早く分けて、次のトラックが来るまで事務所で休憩したり、あの時のバイトメンバーは戦友だわ♡
楽しかったな~、ああいう活気がある職場はいいよね~~。

地元もあまり積もっていないようだ。
京都も長岡もロマンチックな程度の積雪量、、ほどよし。
小学生の時は、スキーウェア上下着て登校していたなあ。
冬の体育のスキー授業嫌いだったなあ、登校下校時の雪合戦がたのしかったな。
ぽっちゃり体型のヨウくんの足がはまって、その辺の家からスコップ勝手に借りてみんなで掘ったなあ。
「足ぬくなよ!長靴の位置が分からなくなるからね!!」とみんなでわーわー言って掘った。
抜けたら、抜けたことに安心して、スコップはその辺に放って帰ってたな、近所の方々スミマセンでした。
なつかしい小学校時代。

雪のある暮らしは、雪で大変だけど雪で楽しい思い出もある。
寒さがきつくても、動いていればダイジョーブ。
これだから嫌なんだと言うのではなくて、そういう面もあるってだけ。
嫌なところ言い出したらキリがない、良いところを見つけよう。





スポンサーサイト