醤油おこわ

おばあちゃんが江口だんごの醤油おこわ送ってくれましたーー♡♡
これが新潟の赤飯!
新潟の赤飯は茶色いんです(* ´ ▽ ` *)

江口だんご 通販ページ
↑こちらから注文できます。
冷凍で送られてきて、レンジで温めるか・蒸し器で温めるかして食べます。



料理作るのも食べるのも大好きだけど和食はあんまり興味がなかった。
見た目も味も地味でしょう??
でも、砂糖中毒から抜けたら、その地味な味が大好きになった。
だけど和食は興味なくて作り方がほとんど分からない。
なんとなくで作ったものってなんとなくの味にしかならない。
そんな時に出会った最高のレシピ本『旅して見つけて、我が家の定番になった 地方ごはん』。

32461501.jpg

実用の竹籠を見て、民俗学に興味を持ち、それぞれの暮らし方を見てると、そこには必ず何を食べていたかが出てくる。
そこで生活するために○○を作って、○○を収穫するために竹籠を作っていたと言う方が正しいかも。
その地方にある竹で作るので、他の地方で同じ使い方をしていても、形が違ったりするのが面白い。

hannki.png

そしてわたしは出掛けたがりでもあるのだけど、そんなしょっちゅうは出掛けられない。
そこで、この『旅して見つけ~地方ごはん』、郷土料理=和食の料理本は最高だと思った。
家に居ながら旅が出来る。
いつか行ったときに、「これが本場の味か~」という楽しみにもなる。

郷土料理って聞くとすんごい手間がかかるものっていうイメージがある。
たしかに新潟の笹だんごやこの本に出てきた京都の鯖寿司もすんごい手間かかりそうだけども、笹だんごも鯖寿司も週一で食べないじゃない?いや、昔は食べたのかな??
昔の生活は大変だったと言うけれど、その大変な中ででも食べることに関しては別物だった。
料理ができないとそもそも結婚できなかったり、その家の味を覚え込ますために姑がうるさかったり。。
とにかく、食べることを大切にしていたと思うのね。
今は食べ物の種類も料理方法も増えて、スイッチひとつで火がついて、簡単にいろいろ食べることができる。
でも、昔と今の人間を比べると、今はとても弱くなっている。
医療レベルは上がっているはずなのに病気になりやすく、すぐ疲れる。
その原因が食事だというのを『心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力』で読んだ。

1212-93.jpg

↓これは生協の最強に美味しい唐揚げ麻婆丼。
白飯の上に唐揚げと麻婆の餡がかかっている。
見たとおり、野菜無し!ごはんと肉と肉という丼ぶり。



美味しいんだよ~。
でも身体的には嬉しくないだろうなと思う(。-_-。)

『旅して見つけ~地方ごはん』の沖縄のフーイリチーは、麩と野菜を炒めた家庭料理の定番。
溶き卵の中に戻した麩を入れて浸み込ませ、焼くと、お肉みたいになるんですって!!
この本のレシピは昔からその土地で食べられてきたものだから、基本的に野菜と魚のレシピになっている。
だから健康なのよ~、食材の味を最大限に楽しむレシピ。
加工食品のほとんどに入っているアミノ酸とかその他添加物を食べずに済む。
食べたものが自分を作るのだから、ちゃんとしなくちゃ。
今日は発芽玄米ごはん。
おかずはなににしようかしら♪






スポンサーサイト