森展2日目

  • 2016.04.04
森の展示室が終了いたしました。
あっという間の2日間でした。
たくさんの方に見ていただきお褒めいただき、とっても嬉しかったです。

広い、わち山野草の森の中にたくさんの展示。
展示も綺麗ですが、森がとっても綺麗でした。
昨晩は和知のでてこいランドに宿泊したので、2日目は会場に早く来られたので散策しました。
もうね、広くて広くて~、初日から筋肉痛ぎみの身体がミシミシいいました(笑)



わち山野草の森にはいろいろな種類の桜が植えられているので、満開の桜から咲いていない桜もあって、長い期間、桜を楽しめるようになっていました。





散ってしまった椿。
落ちてしまっても美しい。



他の出展者さんたちの作品をぶ~らぶらして見る。

硝子の金子朋恵さんの一輪挿し。



陶芸の鈴木隆さんのオブジェ。



和紙のハタノ先生の展示。



昨晩は交流会があり、他の出展者である先輩方とたくさんお話しすることが出来ました。
お話しする前に作品を見るのと、お話しした後に作品を見るのとでは違います。
会話を理解するのが精一杯で入ることはできませんでしたが、色々な分野のものづくりの先輩方の意見や夢、濃い話を聞けて、刺激されました。
備前焼の森本仁さんとの会話が印象に残っています。
いろいろ迷走するけれど、結局一番初めに戻る。
とにかく作る、作って作りまくるのが一番大事だってなるっていう話と、アートと職人の境目の話と、焦らず急ぐっていう話と…♪

代表のハタノ先生が出展前の案内メールで、
『~自分の知らないフィールドでの活躍の方と交流することで、また新たな活動方法が見つかったり、どのような思いで作品を作っているかなどを知れたり、コラボしたり、、、。~』

メールのとおりの出来事となりました。
今回、森の展示室に、夜の交流会に、でてこいランドに泊まって、本当に良かった!! 


たがシェルピアス&イヤリングをホーローの入れ物に並べてみました。
なんだか模様みたいでかわいかったのでパシャリ☆



テレビ取材!
と見せかけて、名前を書く看板をとんかちで打ち込んでいるの図でした~♪



マッキーで名前を書く。



お客さんに「さとうちえ、読める名前っていいわ~」とお褒め頂きました。
出展するときの名前がひらがな表記になったのは、去年の森の展示室から。
ハタノ先生に“竹工 さとうちえ”と紹介いただいたのがきっかけです。

ハタノ先生は全部カタカナで“ハタノワタル”。
ひらがな・カタカナ・漢字、どれで書くと良いかは人による。
けど、それをパッとひらがなだって決めたことに、わたしはとてもしっくりして、嬉しく思ったのでした。
それからわたしはさとうちえになり、それが他の人にも良い!と思ってもらえたのは感激でした♪



大好きな割烹着もみんなに「似合うね~」「わたしも割烹着好き~」と好評で、ぽかぽかにこにこの2日間でした。
そして、専門学校の同期や職場の方、FBで知り合った竹の職人さん、旅先で出会った方など、大勢のが来てくださいました!!
遠いところ、本当にありがとうございました。
みなさんの愛を感じました!愛され感!!ヽ(≧∀≦)ノ

そしてそして、な、なんと、なんと、な、なんと!選ばれました!!!!!
今年はお客さんに“素敵な森の展示をお答えしていただくアンケート”をとりました。
人気の高かった展示3つに京丹波町特産品の詰め合わせがプレゼントされることになっていました。
わたしは出展経験値低めなので、おかしな展示にならないよう、皆さんの展示を見て勉強しよう、でもやるからには精一杯やろうと思っていたのでアンケート結果には大大大驚きです。
読み間違えかと、目がチカチカ、思考停止に陥りました。

========================
~もっとも得票数の多い展示室となったのは、
竹の実演と丁寧な説明をされていた竹工のさとうちえさん。
========================

嬉しすぎる!
実演をすすめてくれたのはハタノ先生。
名前もハタノ先生が決めてくださり、森の展示室出展に声をかけてくれたのもハタノ先生。
帰りの電車で、次はああしよう・こうしようのひとり反省会と筋肉痛で落ち込んでいましたが、さわやかな風が吹き、浄化されました。
わち山野草の森の中でわたしも芽吹いていたのですね。
いろいろなモノに・人に、触れて・感じて成長するんですものね!

この機会を与えてくださったハタノ先生に感謝であります。
もっともっと腕を上げて、「こういうの欲しかったんだよ~」って思ってもらえるものが作れるようになります。

初日から筋肉痛が酷かったのはなんでかな?、普段そんなに運動不足のつもりもないしなあと思っていたので、帰宅後荷物を測ってみると、な、なんと15kg。
帰ってきてから測って良かった~。
初日は、和知駅から会場まで30分歩いた。
15kgなんてたいした重さじゃないけれど、持って歩くのはしんどいという事を学んだ。
いろんな人に男前だと言われたのは、このことだなと納得しました。
女性だったらそもそも持てないし、持って歩かないし、誰かに頼るもんね。
またひとつ筋肉がつきました。
力仕事するときは声をおかけいただけたらと思います♪







スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)