透け感

「魚がし」の裏は魚へんにしました~。
鮭、鮪、鯵、鯉などの定番は読めるけれど、他は見たけど覚えられない。
魚へんに室で“むろあじ”なんですって。
むろあじってなんだ??



「魚がし」の字のまわりを銀色に塗りました。
うんうん、それっぽい!
千社札っぽい!!



光にかざすといーかんじに透けます!!!
こんなにうまくいくとはーーと一人で感動しています。
版を作って量産しよう!

インスタグラムに載せたら、友達が「これを使って、秋刀魚なんかを炭火焼したら美味しいだろうね~」とコメントしてくれた。
うんうん、ほんとにそうだよね~。
うちわのはしっこが焦げっちゃったりしてさ、それも良い味になってさ。
使えば使うほど美しくなる、そんなものを作っていきたいよね!



残り1枚は寄席文字。
じーちゃんにあげるので、じーちゃんにまつわるあれこれを混ぜる。
鉛筆の線はあとから消すよ~。



書き上がったら、定着剤をかけて完成なのだ。
今晩の夜行バスで帰るので、急がねば~。

あー、たのしい!




スポンサーサイト