もじゃもじゃ

  • 2016.05.10
今まで1節付きで作っていたのを節無しで作ろうと思う。
よく見かける茶托です。
網代が輪弧で挟んで、立ち上げてるアレ。
このタイプの茶托は輸入品で4~500円で取引されているから、作れるようになってもしょーがないよと先生は言う。

作ってみて、海外の職人のすごさを思い知る。
なんという手間!!
これを4~500円でやってのける技術。。
物価が違うと言えど、手仕事は手仕事で、雑っちゃあ雑だけど、日本にはないすごさがあると思う。
早さだけでいえば勝てないと思う。
日本だからできる何かをつかまなければ。









この先の作り方は次回の教室で教わる。
来週までにここまで編んだのをいくつか持って行こう。
硝子のカップと相性抜群でしょう。
夏にぴったりですな~。





スポンサーサイト