落ち葉

  • 2016.05.13
今週は月曜~水曜日午前中までやや風の強い雨降りだった。
水曜の帰りは竹林の道を使った。
竹の紅葉は筍が生える春。
風と雨で枯葉が散ったよう。



ここの竹林は荒れ放題だけど、これはこれでうつくしいなあと思った。
青々とした竹と落ち葉。
目が覚めるような配色だなあ。。



こーんなに混み混みでも竹は生える。
当たり前だけど、放置すればするほど藪化してしまう。

竹と竹は、人が腕を振り回せるくらいの感覚が必要らしい。
間を通れないくらい近くなってしまっている。。
しょうがないよね~、だって使い道ないいんだもんね~、ああ、もったいない。



竹は1日で1m以上伸びる。
でも去年のわたしの観察だと、混み混みの竹林・藪化した竹林は1日に1mも伸びない。
わたしが観察していた竹は、1週間で50cmくらいだった。

無理して大きくなっているんだなあと思ったら申し訳ない気持ちになった。
一昔前まで竹細工ができるなんて当たり前みたいなもので、なんでも竹で作っていた。
よく使うから竹林を増やしたのか、勝手に増えたのかは分からないけれど、立ち枯れしている竹を見るとやるせない気持ちになる。

どうにもできない気持ち悪さを感じていたけれど、今回、この様子を見てそれが少し薄まった。
これはこれで良いんだよ。
十分、美しいよ。
やっぱり自然には敵わないなあ。。



最近見た映画『神様はバリにいる』。
堤真一さんが好きなのと、憧れのバリなので、ゲオで借りてきて観た。
みんなにおすすめするほどのものではないけれど、良いことを言っていたので、紙がなかったので竹にメモ。

「生きてる先祖を敬えない奴が、どうやって死んだ先祖を敬うねん。
 日本が忘れてしまったものがここにはある。」

本当はそうでない人が見てハッとして欲しいけれど、そうでない人って、自分がよくないことをしている・その状態にあることに気づいていないのよね~。。
そういう人にこれがいいよ、あれを読むといいよと言っても伝わらない、自覚するまで無理なんだ。
伝えたいことがあるのなら、勝手に真似するよう仕向けないと。
だから、影響力のある人間になる必要がある。
なんであの人はうまくいくのか、いつも楽しそうなのか、みんなに応援されるのか。
なんで自分はうまくいかなくて、いつも楽しくなくて、みんなに否定されるのか。
そうだ、あの人は人に好かれるけど、自分は人に好かれないんだ。
自分を好いてくれない周りが悪い!、で止まっている人が多い。

その卑屈を飛び越して、ええい、くやしいが憧れる!って思われる存在になりたい。
そのためには、自分、自分、自分で、自分をひたすら磨くしかない。
憧れの存在になりたいから磨くんじゃなくて、たのしくて夢中になってやっていたら~にならなきゃね♪



学生の時はまっていた500mlまるごとゼリー。
ジュース半分を火にかけ、沸騰したらゼラチン10g入れてよくかき混ぜる。
火を止めて、残りのジュースを入れてよく混ぜて、容器に入れて冷めたら冷蔵庫で冷やす。

お砂糖入っているので、ダイエットにはならないけれど、買うより作った方が安上がりだから作っただけ。
板ゼラチンにすると、透明度が増すらしいよ。



濃いブドウジュースとサングリアとでのゼリーを作ってみたいんだよね。
ジュースを火にかけてゼラチン入れて、サングリアを後入れすればアルコールが抜け切っちゃうことにはならなそうだし、果物が入るから見た目が良いよね☆
来月、うちでごはん会をする予定なのでその時やってみようと思う。
竹でやってみたいものもある。
どっちも絶対上手くいくはず。



スポンサーサイト