用の美

  • 2016.08.04
実家に帰省した最初の日の晩ごはんはそうめんでした。
ざるはわたし作(#^.^#)!
2年生の盆帰省のときに作ったんだ。
正方形に作りたかったんだけど、ざるあるあるでやや長方形になってしまったやつ。



うむうむ、よいよい!
夏休み入る前に先生に頼んで教えてもらったんだ~。
2年生の課題は長物と言って、長いひごを使ってぐるぐる編んでいく籠(花籠)を作る。
1年生の時は長くても2節・約120cmくらいのひごしか作って来なかったけど、2年生に入ったら2節なんて当たり前、短くても4節はつけてひごづくりをしないといけなくなった。
材料づくりは倍以上にたいへんになったけど、作れるものの幅が広がったよねーー♪
この長物に使うひごは自分の身長くらいが一番扱いやすく、頑張ってそれ以上の長さにすると、継ぎ目が少ない分、籠に強度は出るけど材料づくりがやたら大変になる。
枠をうっすい竹で巻く、巻き竹というやり方で枠を固定するときは長い方がいいので(継いだ部分が厚くなっちゃうから)、5mのままひごを作る人もいます。
いろんなやり方があって、いろんな技があるのです。





花火のときにおばさん家のキッチンで見た、マイ籠。



使っているときも美しく、使っていないときも美しく!
そういうものを作っていきたいです

ごきげんよう、さようなら。





スポンサーサイト