盆の国

たまたま見つけた漫画、スケラッコさんの『盆の国』。



公式サイトで試し読みをして、「今のわたしじゃん!どんぴしゃ!」って思って大興奮で調べていると、な、なんと、京都マルイで展示会をやっているらしいではないか!!!

書道教室に行く前に行ってきましたよ。
灼熱の京都繁華街を人ごみかきわけ行って参りましたよー。
ほんと、今日はげろあつだった。
平日の日中は室内にいるから、こんなに暑いってこと知らなかったよ。



京都マルイの6階の本屋さんでやっています。
店員さんに写真撮影の許可をいただいて撮影しておりますん。



名古屋出身、京都在住。



あ~、いるー!



絵が好き。



漫画の他に、手ぬぐいと、



あ、漫画にはオマケとシールがついてきたよ。
シールはノートに貼った。





そして、これ!
京都・大阪 BON DANCE のふぉん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



ああああ~、これだよこれっ!
この間の江州音頭フェスティバル京都大会も調べまくりましたよー。
でもマイナーなのか、イベント主催者の情報発信が下手なのか、ぜーんぜん分からないのね。
もう、腹くくって行くっきゃないってなって行ったのね。
まあ、大正解だったんだけど、それがこのふぉんに全て載っているのよ



登場キャラクターもひたすらかわいい。



ほら、載ってる!



そのほか、わたしの知らないのも載ってたのでスケジュールに入れられるし、なんて最高のふぉんなんだろう。



作者のスケラッコさんは若いのか歳いってるのか分からないけど、同じ思いの人がいたってことに胸がいっぱいです。
漫画も最高だった。
スケラッコさんに会ってみたい。
もしかしたら、盆踊り会場で会えるかもね

この気持ちよくわかる。
夏にクリスマスソングを聞きたくなるヤツだよね。



長岡にいたら、7月入るかその前くらいからスーパーで長岡甚句と大花火音頭鳴るでしょ。
体がむずむずするのよねー。
家でひとりで踊るのと、みんなで踊るのとで全然違うのね。
生きている人間が楽しむのと同時にご先祖さまたちも楽しむイベント。
それが民謡流しであって、盆踊りである。

まったくの他人なのに、そこにいるってだけで仲良くなれる。
年齢、性別、それから人種関係なく!
この間の江州音頭フェスティバル京都大会の輪には外国人も混じってたのよ♪

生きている・死んでしまったなんて関係なく、みーんなで楽しめる。
そんなのってこれしかないんじゃないか?
他にもあるかもだけど、一番定番なヤツ。

江州音頭フェスティバル京都大会で、一緒に輪に入ってみませんか?と声をかけて、ひとつ返事で承諾してくださった方は茨城出身と言っていたので、茨城の民謡聞いてみたりさ、やぐらを囲んでた輪は、そこだけの輪じゃなくなるかもしれないし、あの輪はそういう意味なのかもしれない笑

それから、スケラッコさんを見つけたことでもうひとつ良いことがあったの。

スケラッコさんの展示を見に、マルイのエスカレーターを上っていると、後ろにいた人が肩を叩いた。
「あの、上賀茂で~」
あっ!あっしのピアス!!たがシェルピアス( *゚A゚)
そして今日はわたしもたがシェルピアス着けてたのね。
ありがとうございます~と話していると、
「ほぼ毎日着けてます!妹もステキだ、欲しいと言っています。店舗はお持ちですか?」
ああ、うれしや、店舗はまだないですがいずれ持ちますとたくさんお礼を言って別れました。

夏はガラスのピアス着けることが多いんだけど、なぜか今朝は迷ったあげく、ひさーびさのたがにしたのね。
天からのお示しだったのね!
スケラッコさんの『盆の国』を見つけることも、エスカレーターで声をかけられるのも。
全部決まってて、仕上げがたがシェルピアスだったの。

自分が好きなことを、隠したり・仕方ないって思うんじゃなくて、認めて、それをひたすら追い求めろ!突き抜けろと言われて、そうしだしたとたん、これだよ。
すごいよ、すごすぎる。
神さま、ご先祖さま、八百万の神さま、わたしのまわりにるみんな、ありがとうございます。
わたしはわたしで、他の誰かになんかなれないし、誰かになる必要もないし、誰かもわたしにはなれないし、なる必要がない。
そんな当たり前のことにずーと悩んでいました!爆笑!



スケラッコさん『盆の国』検索あられませ

ごきげんよう、さようなら。






スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)