迷宮

  • 2016.08.18
久しぶりに無双籠を作ろうと思い立ち、材料づくり。
粉が噴き出している、見るからに虫在中の竹を割ると、いましたいました~。
成虫、さなぎ、いもむし、全員集合の大家族でした。
もちろん全員抹殺しました、ごめんね



模様網代も久しぶり~。
なんて楽しいんだろう。



立ち上げ中。
この仮止めの針金は早めにとることをオススメします。
立ち上げて、折り返し、差し込むときに気づいて、あわてて取り外しました。
取り外しのタイミング大事ですね☆



夜作業は気が付くと、とんでもない時間になっているので、時計をちらちら見ながら作業します。
あまり夜更かしすると、翌朝起きられないからね!
夕ご飯食べてゆったりしたら夜作業開始で、~22:00までと決めているけれど、まあ過ぎますね~。
18~19:00に作業スタートするから、夜作業はだいたい3~4時間。
朝は前日の作業具合と体調とで、ヤバイ時は3:00、今は4~5:00起床の8:00まで作業だから、だいたい3~4時間。
夜と朝の作業具合を決めて調整しています♪
日中は事務員8時間、朝夜作業7~8時間。
盆踊り練習は朝晩15分ずつ、週に0~1回2時間程度の書道、最高でしょ(^∇^)



一晩水に浸ける。



中指の第二関節の裏側にマメと水ぶくれができて痛いよう。
また爪切るの忘れちゃった、爪を切ろうと思って早一週間。。



今朝、完成。
でも、なんだか底がね~。(写真は撮り忘れた)
合ってるの?合ってないの?どっち??って感じで終わりを迎えた。
立ち上げて、差し込みの差し込みでエライ時間くった。
本当は昨日のうちに終わるかもだったんだけども~、ね~。
『もののけ姫』で、アシタカがタタリ神になったおっこと主の背中からサンを見つけようともがくシーンの、にょろにょろが竹バージョンって感じで、どこ?どこ?邪魔しないで!こっちか?ってなってた。

アシタカといえば、上の写真のわたすの手、アシタカみたい♡
帰省したとき、あみさんに「あんまり職人っぽい手じゃないね」って言われて、「そうなの~(るん♪)」ってなったのは、見るからに職人っていうのが嫌だから。
だって、見るからに職人って分かったら、面白くないじゃん。
でも、ナウシカがじいやたちの手は“働き者の手”と言っていたからあんまりひょろひょろも嫌だし~。
見るからに職人って分かるんだけど、うわーすげぇ面白い!っていう石田先生のような人間もいるけど、先生はトクベツだしな~。



伝統工芸をやるのが普通じゃなくなってて、それをやっているっていうと驚かれる。
普通に見える人が竹カゴ編むよ~って言ったら面白いじゃん。
本来なら、伝統工芸はもっともっと身近なはず。
だってそうでなければ、受け継いでこられなかったから。
だから伝統技術を用いて、普段の生活に一番取り入れやすいアクセサリーを作り始めたのね。
竹製品って基本的に超シンプルだから合わせやすいし、竹ピアスと合わない服なんてないんじゃないかと思う。
そして竹製品だから、使えば使うほどイイ飴色になるし
とっつきにくいと思ってた伝統工芸がすんなり生活になじむでしょう(^^)

見た目でその人がどんな人間であるかってだいたい分かってしまう。
分かってしまったら話す必要がない。(極端だけど)
でも少し話してみて、あれ?この人面白い!ってなったら楽しいでしょ。
見たまんまだねより、もっと話していたいにしたいのよ。

伝統工芸っていうくくりだと出店とかしない限り、幅狭い人付き合いになってしまう。
関係者と話すのも楽しいけれど、同じくくりの人間で同じような話してても発展がないでしょ。
同じくくり・種類の人間で、褒め合ったり、傷をなめ合ったりしても、なんにも生まれない。
去年まで作り手交流会の幹事をしてたけど、すごく大変だったわりに得たものは?って感じだった。

そこで盆踊りよ。
楽しいって思う場所にお互いが居る、それだけで仲良くなれますからね!
過去のいばやより(今は微妙だからリンクは貼りません)。
『正論を共有したって誰も動かないから、興奮を共有しよう』
『人が動くのは正しさではなく楽しさ』
秋の交流会で運動会を考えてたこともあったけど、一人で準備するのは大変過ぎるし、イメージだけど運動できなそう笑
盆踊りで光るのは踊りの上手い人=身体能力が高い、運動できる。
しかも私は団体行動・団体競技大嫌いだし、一人で準備する以前に無理な理由がありすぎて形にはなりませんでした。
あと、運動会ってなるとやっぱり体力勝負で、やっぱ無理とか、ちょっと休憩してくるわとかできない。
けど、盆踊りはそれができる
自分の体調に合わせて、やりたいときにやりたいだけ踊る。
それから勝ち負けもないし、年齢性別も体の大きさも関係ない。
ほんと素晴らしい日本の文化だと思うわ。

盆踊りは“民族芸術”と分類されるようだし、伝統だ。
伝統モノが好きなら、伝統工芸も好きなはずという簡単な考え。
興味なくても興味持たせる魅力を身に着けます

来年の郡上おどりの徹夜踊りに参加したいから、今から振り付けを覚えています。
グー、パー、グー、パーしてたら中指の内側の水ぶくれが破れたよ☆
作業中に破れるんじゃなくて、踊ってて破れる楽しさ。

やっと神代を覚えて、今は老坂やってる。
もう超むずかしいよ!超たのしい!!

白鳥おどり 練習会 10/06/09 神代~老坂



私はお掃除というか整理整頓が苦手。
散らかっててもあまり気にならない性格。
だから作業中はすごいことになってます。

右から左にズレながら作業。
ごはんを食べることで言ったら、お味噌汁飲むためにお椀を移動するんじゃなくて、身体がお椀の前に移動しているようなもの。

ごった返したところを一気に綺麗にするのが好きだったりするのでわざとやっているところもあります。
水場や鍋のステンレス磨きも完全に曇るまで我慢します。
掃除好きの母と姉に言ったら、意味わからんと言われてしまいました
でも、この間、『シン・ゴジラ』見たあと、弟の友達たちに遭遇。
ひとりが肌つるんつるんで、弟に「K君の肌、超キレイだったね~」と言ったら、「K君ん家、超キレイだからな」。
お肌つるんつるんにするためにこの癖やめようかしら。。
ぼくモノの“ぼくがミニマリストになってよかったことと思うこと”リストのアレだね、きっと。

ビフォー



アフター



ぼくがミニマリストになってよかったことと思うこと
  時間ができる
  家事が好きになり、生活が楽しめる
  自分を好きになれる
  自分の気持ちに敏感になる
  想像力が高まる
  チャレンジできる
  人との関係が深まる
  ごはんがおいしくなる
  運動できる
  いま、ここを味わえる
  幸せを感じられる
  自由と解放感を感じられる
  本当に欲しいものが分かる
  五感が敏感になる
  大切なことに集中できる
  他人と比べなくなる
  行動的になれる
  節約できる
  健康になれる
  安全である
  感謝できる


コレです、コレ、コレになろう。
運動できる
↑ほんとこれ大事。
今、狭くて踊りにくいもの~。

ごきげんよう、さようなら。




スポンサーサイト