湿った

  • 2016.08.29
青竹が生乾きして固くなっていたので、一晩水に浸けました。
皮を剥いている最中に乾かないように桶に入れ…ようとしたのだけど、微妙に長くて入りきりませんでした。。



濡れていると良いこと!
皮がむきやすいことと、ゴミ(粉)が飛ばないこと!

節無し4本を剥いたのだけど、普段だったら半分向くごとにゴミ回収しないといけないのに、4本全部終わってからの回収になった。
作業がはかどる~~∠( ^ o ^ ┐)┐



剥かれた材料。



布が緑に染まった。
濡れていたせいで、繊維の奥の奥まで入ったんでしょう。



面取り完了。



一晩水に浸けて、翌朝千引き(厚みを揃える作業)。



千引き後。
全部で456本でした~。



サンデーモーニングでシールズ解散したことについて解説していた。



①声をあげる
②風に立ち向かう
③ヒーロー/ヒロインを待望しない
これらのことが、これからのわたしたちに必要なことなんですって。

最初はひとりでも、同じ気持ちの人に絶対に出会えるからひとりひとりがちゃんと考えていくことが一番大切ってさ。
そんで大人も、子どものいうことだと聞きもしないでバカにするのはよそうって言ってた。
シールズのリーダーの奥田さんが「続けるために解散する」と言ったことに対して、サンデーモーニングに出ていたおじいたんが「それを聞いて彼らが本気だってことが分かって、さらに応援したくなった」と言っていた。
おじいたん曰く、組織が大きくなればなるほど活動が浅いものになるかららしい。
たしかにそうかも~、『シン・ゴジラ』で緊急事態が起きた時も、みんな責任をとりたくなくて曖昧なことしか言わなかった。
映画だから、そうっていうわけでもなさそうじゃん?
組織が大きければ大きいほど、トップがこう言っているとか、みんなで決めたことということで、それに対して反対してても、組織の意見としてこうって決まったらそうなっちゃう。

若い子が自分の意見を言うと、上の世代は「これだからゆとりはぁ~」って言うでしょ。
でも、これまでのやり方で間違ってきてしまったんだから、意見を聞くくらいはしても損はしないと思う。
責任の擦り合いや多数決、投票、、これまでのやり方でやってたら何も変わらないと思う。

その幻想を打ち砕け!!
ここに面白いことが書いてあったのでリンクを貼ります。
これを書いている人もたしか、若い・ゆとり世代だと思う。

それから、競走を嫌うって悪いことなのかな??
競走をしたら、勝つものと負けるものがでてしまう。
自分がされて嫌なことは人にしてはいけない、されて嬉しいことを人にしよう”と習うじゃない?
この考えでいったら、競走・勝ち負けはしようと思わないじゃん。
ゆとり世代って言ったらストレス耐久がないとか飲ミニケーション断るとかあるけど、自分に都合の良い捉え方で、悪いことにばかり目を向けてたら何も変わらない。
私らが変わらない理由にしたいとかではなくて、みんながみんなを理解して受け入れなければ、違いなんていくらでも出てきてしまう。
というか違いがないわけがないって思ったら少し楽かも~~。
みんなが楽しく愉快に生きられる世の中にしたいよね♪

ごきげんよう、さようなら。





スポンサーサイト