定番から

白鳥おどりがだいたい踊れるようになったので、郡上おどりを覚えます。

<白鳥おどり>
神代、老坂、猫の子、源助さん、さのさ、シッチョイ、八ッ坂、世栄、よいとそりゃ、場所踊り
<郡上おどり>
かわさき、春駒、三百、やっちく、げんげんばらばら、猫の子、さわぎ、郡上甚句、古風かわさき、松坂

どちらも10曲あるようです。
猫の子という曲がありますが、曲調も振り付けも違うようですので、+10曲覚えるってことになります。

郡上おどり保存会 藤田政光 会長のお話

↑から引用
徳島の阿波踊りや、山形の花笠は見て楽しむところがあるけれど、郡上おどりは参加するものなんですね。

「踊る阿呆に見る阿呆」 徳島の阿波踊り歌の出だし。
「 同じ阿呆なら、踊らにゃ損々」と続く。

001_01.jpg

Youtubeで「かわさき」と「春駒」を見たんだけど、とっても簡単だったよ。
ハイテンポな白鳥おどりから覚えたおかげか、江州音頭、河内音頭を覚えたおかげか、なんばの動きに身体が慣れてきているのか、スッと理解できた。
でも、郡上おどりは、なにも覚えないで行っても、その場で覚えられるとどこかに書いてあった気がする。
踊りやすい・覚えやすいのはその土地から離れて踊られるのかも。
郡上おどり in 京都とかある。(今年は終わって、来年2017年6月2、3日に開催予定ですって)
錦糸町河内音頭大会も有名だし、、。
現地が大盛り上がりしていることが第一条件だけどな。





「かわさき」は優雅な感じで、「春駒」は勇ましい感じらしい。
男衆は春駒踊り過ぎて、一晩で一下駄ぼっこすらしいよ(笑)
踊りに対して熱心な人のことを“踊り助平”って言うんだって~。

本番前に踊り練習会もやっているようだよ。

13532886_1162582413808176_3743241184229658223_n.jpg

来年はぜひ、下駄を履いて参加したいねえ。

ごきげんよう、さようなら。





スポンサーサイト