東大寺・十七夜盆踊り

この間の土曜日は今年最後の盆踊りでした。
東大寺の二月堂にて→十七夜盆踊り(2016年9月17日)

書道教室後、奈良へ。
奈良よりの京都にいると思ってたけど、ここから1時間くらいかかったよ。
思ったより時間かかったのは、座りたいがために各駅停車の電車に乗ったのが原因だけども~。

近鉄奈良駅を出て、商店街を通り抜け、興福寺へ。
興福寺は今修理中だから見えないけど、五重塔は見えるよ。



興福寺は鹿せんべい屋さんないけど鹿はいる。
お腹いっぱいになったらこっちに移動して寝るのかな?



アジア系カップルと鹿。



白人親子と鹿。



南大門



仁王像(金剛力士像)



東大寺には行かないで、手前の道で曲がる。



池と東大寺。



鳥居をくぐり、ゆるい登り坂&階段をあがる。



鹿の真顔。



会場には見物客とカメラマンが待機してました。
盆踊りは18:30~で、わたしが着いたのが18:25くらい。





始まったけど、人すくな~。
書道教室帰りだったのと、遠方だったので、この日は私服。
参加者が少ないところに洋服で混ざると浮きそうなので、背も高いから目立っちゃうしとで、まずは二月堂にお参りに。





二月堂



石段がかわいかった。
下の3段と上の3段だけ模様入り。



二月堂から見た櫓。





灯籠



今日の宣伝ポスター。



降りて混じりました。
江州音頭と河内音頭を交互に踊っていました。
江州音頭は普通の踊り方で、河内音頭はマメカチを踊っていました。
グループによって少しだけ違うっていうだけで、奈良はマメカチメインでした。



暗くなってきた風景を撮りにもう一度二月堂へ登る。

暗くなったらすごい人出。
始まったばかりはあんなに少なかったのに。



踊る人が多くて、見物客はどんどん端に追いやられる。
そして、踊り手も、見ている人を輪の中に呼び込む人、教える人がとても多かった。
奈良の県民性か・・・(=゚ω゚)ノ?



櫓を囲んで踊るんじゃなくて、よく分からないオブジェみたいのを中心にして踊っていた。
でも、人が増えすぎて、オブジェを囲む円が楕円になり、櫓も囲み始め、そのオブジェ組と櫓組がぶつかる所が大混雑でしたね~。
オブジェ組も櫓組も人数が多すぎて、輪と輪がとても近いからあんまり手を振れない、気をつけて踊る感じでした。
広い奈良公園ですればいいのにね~、雰囲気はないけど糞はある~。。





盆踊り練習で参考にしている団体、和歌山の連の人たちも来ていたので、近くで踊ってみた。
でも、せっかくだし~ということで思いきって「Youtube見てます!ファンです!」と声をかけたら、
『あの長身の人見てるな~、でも勘違いかな~って思いながら踊ってました笑』ですって。
話しかける前から気づかれてた!!!
身長で良かった~。



長身長身と言われるけど、この写真見るまで自覚なかった。
確かに長身だわ、、いやもう、これは巨人だよね、進撃の巨人だわ。
頭1個分以上でかい。。
どうなってんだ?

shingekiall.jpg

連絡先を交換して、来年は和歌山に行きますと約束しました。
この後、隣で踊って、細かい振り付けのポイントを直に見ることができて、大満足でした。
最強最高の最終盆踊りになりました~ヾ(o´∀`o)ノ



帰りの電車の都合で少し早めに切り上げる。
暗い東大寺。
少しの街灯と、月夜に照らされてた。
池に映った姿はわたしの携帯じゃ撮影できませんでした。





南大門



南大門とおぼろ月。



像はライトアップされていて、夕方見た時よりずっと見やすかったです。

吽形像



阿形像



おせんべい屋さん閉まっているから、やる気無しの鹿ちゃんたち。



フラッシュたいたら、目がぴかーってなった。
やる気のない鹿もかわいい。

日中は人の声で聞こえない鹿の鳴き声が聞えたり、誰かが篠笛吹いていたりと良い雰囲気でした。



和歌山の連の人たちと出会ってうきうきわくわくして、やる気のない鹿を見てほっこりして、篠笛を吹くおじさんの方へ歩いて行くと、おデブな鹿が視界に入る。
来る時に興福寺でお腹いっぱいうだうだ鹿を見ていたからあれらかな?って思ったけど、妙に短足だなって思って見ながら歩いていると、、いや、こいつらは鹿じゃねえ、角じゃなくて牙じゃん!!
でも、道はここしかないし、篠笛おじさんも50mくらい先を歩いているし、ここはもう無視して歩き続けるしかない!きっと走ったら追ってくる!
真横をを知らんぷりして歩き去り、20mくらい離れてからズームしてぱしゃり。
いやいや、めっちゃ睨んでいますがな。
こっわー、今年いちばん怖かったわ~。
兵庫のおしゃれな住宅街で出るんだから、奈良公園にいてもおかしくないよね。
そりゃそうだけど、超怖かったわ。
盆踊りハイテンションからの猪遭遇。



携帯をしまい、また知らん顔しておじさんの歩く方へ進む。
夜に一人で歩くもんじゃないわー。
変質者とかなら、絶対わたしの方が足速いし、武道色々やってたから負ける気がしないけど、猪には敵わないよね。
奈良公園に登れるような木があればまだ良いけど、ないもんね。
こんげ真っ直ぐな木、登りようがないわ。

もののけ姫の乙事主のセリフを思い出したよね。。
『モロ、わしの一族を見ろ。みんな小さくバカになりつつある。このままではわしらはただの肉として人間に狩られるようになるだろう…』
うん、でも、1対1なら、絶対負けるよ☆

乙事

動揺を隠しきれず、あわあわしつつも、うつくしきものは心を動かす。
一瞬平常心に戻れたよ。

ライトアップされた五重塔。





池のほとりの柳は緑色のライトで照らされてた。
外国人ウケよさそう。



日曜日(2016年9月18日)は、一日作業日。
うん、びっくりするくらいはかどらなかった。
そしてコテが壊れて、コテ当てして立ち上げ系ができねえ!
無双ばっかするか・・・。

友達から『これからクラブ行くけど、来るー?』と連絡が入り、行って参りました♪
土曜の晩は盆踊り、日曜の晩はクラブ。
踊るんだからおんなじようなもんだよね~。
盆踊りは年齢制限ないけど、クラブは未成年立ち入り禁止&40代~は行かないでしょう。。

まずは腹ごしらえ。
スープかけごはんを食べました。
ごはんに鶏スープがかかっていて、トマトレタス、炒めたもやし、茹でた豚肉、揚げたにんにくが乗っかってました。



クラブも盆踊り同様、始まってすぐは盛り上がらない。
盆踊りと違うところは、荷物を入れるロッカー(有料)があったり、クラブによっては荷物お預かり(無料)があったりする。
盆踊りは荷物どうしようかな~ってのがあるよね。
汗かくから、タオルは絶対必要だし、シャツクールも持って行きたいけど、これは諦めるしかないし。
荷物預けるところがあったら最高なんだけどな~。
人によっては櫓の中に入れてたけどさ~。

クラブは若い子うじゃうじゃ、中にはおじさんおばさんもいるけどね。
ここにいる人たちみんなが盆踊りに行ったら最高だよねー。
でも、和歌山の盆踊りはそういう感じなのよね~、だからすごいなって思う。



クラブのチケット代わりのスタンプ。
これでこの晩は出入り自由になるのだ。



和歌山の連の方々と連絡して知ったことだけれど、
盆踊りはご当地曲を含め20曲以上あり、連によって振り付けが少しずつ違うんだってさ。
10~6月の毎週土曜日に2時間練習しているそう。
いつでも来てねと言われたから、Youtubeにあがっているのは完璧にして、練習会にも混ぜてもらおう。
ついでに高野山観光もできるし最高じゃないか☆







今回、連絡先交換した人がYoutubeに動画を載せているそうで、これまでは江州・河内メインにしか見てなかったけど、すーーっごいたくさんあったよーーー♡

M a-miさんのアップロード動画

ニューふんだら節、浪花節、紀州ゴーゴー音頭、ズンドコ節、平成音頭、炭坑節、黒潮音頭、ぶんだら節、秋田(さくら)音頭、八木節ですってーー。
知らないのたくさん。
白鳥・郡上に続き、超たくさん。
郡上もまだ半分なのにね~。

こんなのもあったよ。
みんなが楽しめるって最高!



それよりも、やっちょんまかせが耳から離れないよ。
癖になる曲調。
歌詞分かってないけど、口ずさんでしまう。



ごきげんよう、さようなら。









スポンサーサイト

4 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)