食の秋

夕食の買い出しにスーパーへ。
これから飯炊くと食べるの20時すぎちゃうよ、ということで今晩もパスタにしよう。
あんだけ実家でごはんの大切さを伝授いただいたのに一度も飯を炊いてない☆
具が入ったらまだマシでしょ?ってことで魚介を求めて魚コーナヘ。
ん??なにこの魚、、かわいいお顔~♡名前もかわゆい♡
土地が違うと売っているものも違う面白さ。
不便なときもあるけど仕方ない。
別のもので代用したり、諦めたり。。



フライか天ぷらで食べるらしい!



パスタコーナーに行くと父からLINEが。
 「今晩あいてますか?無理のないように…。」
そっか、今日から来てたんだった☆
カゴに入れてたエビを戻して烏丸にGO~。
結局、料理もくそもなかったわ。

久しぶり感ゼロの再会(笑)
烏丸の餃子屋さんに行きました。
中国人がやっている中華料理屋さんなんだけど、日本人向けの味。
中華好きの父はまあまあと言うけど、私は本格中華の八角がすごい利いているやつとか、ここにシナモン登場?!ってやつは苦手だからここ好き。

まずは前菜盛り合わせ。
ピータンも豆腐のサラダもクラゲのサラダもじゃがいものサラダもどれもとっても美味しい!
学生のころは「○○嫌い」とか言えたけど、今はなんとなく言えなくなったし、食べてみると美味しかったりする。
食わず嫌いだったり、味覚が変わってたり、、ピータンも見た目がキモイから食べなかったけど、うまい!



餃子屋さんなので、餃子も頼む。
蒸し餃子、焼売、小龍包を食べました☆
5個ずつ入っているんだけど、父は2個食べると「あとどうぞ」とくれる。
うん、食べ過ぎだよね~、たまにだからいいの!



炒め物も食べようよと、家ではしないようなのにしようと“キュウリと海老の炒め物”を注文。
このたれがうまかった。



〆めは1つを分けっこするもんかと思いきや「は?1個ずつだよ」と父。
父は天津丼、私は鶏肉麺。
長岡の博多屋の醤油ラーメンにそっくりでおかわり!と言いたくなるくらい美味しかった。
大盛りでもいけたわ~と言うと、キモいと言われたけど、そんくらい美味しかった。



デザート食べるの忘れたからコンビニ寄ってから帰ろって言ったら、「家に着いたら連絡するんだよ!」と父。
帰宅連絡の写メを送ると、「鍵かけて、アイス食べて、早く寝なさい」。
父の中ではまだ子供なんだろーなーと思いながらアイスを食す25ちゃい。



父は大阪で展示があるそうで、明日は姉の旦那さんのお店カンティーナオットに会社の人を連れて行くらしいから、私も行く。
なーんも手伝ってないけど、会社の人にまじってご馳走になります☆
じゃあ今晩はちゃんとしたごはんを作るかと言ったら、今晩は打ち合わせがスタバである。
普段スタバとか行かないけど、行ったときは限定のクリームがいっぱい乗ったの食べたいよねー。
・・・こんなことじゃあダメだよねー、味噌汁いつになったら作んの??!
有言実行せよ!と自分を奮い立たせる。
自分を幸せにできなければ、誰かを幸せにすることはできない!
受け身になって幸せにしてくださーいって言って幸せにしてもらえるのは小さい頃だけ。
「やさしさに包まれたなら」でもそういう歌詞あったナ。



目に映る~、すべてのことがメッセージ~~

ごきげんよう、さようなら。






スポンサーサイト