作業用前掛け

  • 2016.10.14
カビの掃除が一段落したので、青材を作ります。
カビのもとは青竹なんじゃないかと思っています(。-_-。)
すぐに使わなかったことを反省した。

青の皮むきに使っていたひざ掛けはあまりに汚くなったので捨てました。
大事で使わなかった前掛けを引張り出す。
使わなかったら意味ないもんね!
使ってこそ生きる。

新潟にいたときに酒屋さんからいただいた前掛けです。
オフクマサムネの前掛け。
「飲むほどに福招く」かぁ、いいね!!

紺色に竹の皮が映えるねぇっ!



最近、朝作業をめっきりしなくなったので、リセットのため朝日を浴びに出掛けた。
夏は4時くらいから明るいでしょう、だから自動起床できたんだけど、もうこの頃は7時くらいにならないと明るくないでしょ。
そして寒いからお布団から出られないのよね。
本当は昨日行くはずだったんだけどお布団から出られなくてねぇ…。
5:20に目覚ましかけて、ずるずると5:30にお布団から出て身支度整えて5:40に家を出た。

とりあえず桂川の河川敷に行く。
なんもねえなー、眠いなー、寒いなー、なんもいねえなーの河川敷。



別に鉄子じゃないけど暇だったので阪急電車をパシャリ。
写真では分かりにくいけど、電車の明かりが川に映って綺麗だったな。
合気道やってたとき、朝稽古に行くために始発の電車に乗ったことを思い出した。
今思えばよくやったよ、やめちゃったけど、ほんとよくやった。
桂から教室まで1時間強かけて行って、1時間の朝稽古に参加して、1時間強かけて戻って仕事に行ってたんだよ。
受け身をちゃんと教えてもらえないままどんどん新しいこと教えられて、痛めた身体をかばって動くことで骨盤が歪み、背中もあざだらけになったけど、嫌なことばかりじゃなかったな。
機会があればまた合気道習いたい。

何かを習うって先生ありきだよね。
先生に惚れていれば、どこまでもついていきます!ってなるけど、そうならなかったら無理だよね。
惚れてたんだけどやっぱり違ったってことは一度もなくてね、一目惚れ=直感は常に正しい。
だから今続いていること・大好きなことは全部先生たちのおかげ、出会えて良かった。







明るくなってきた。
雲が多くて、日光浴びることはできなさそうだったから帰ることにした。



帰り道に出会った猫様。





胸毛のど真ん中に白い点があった。
ウルトラマンなのかな。



神社があったのでお参りしてきた。
ここで朝日を浴びる、6:30。



樹齢400年の御神木。
新潟県・長岡市の金峯神社にある蔵王の大欅は樹齢700年。
足元にも及ばぬな!…嘘です、でもやっぱり新潟はすごいよね!
わしらが保育園のころはまだ竹格子がなくて、中に入って遊べたんだけどねー。
隠れんぼ初心者の隠れる場所ナンバー1の場所が蔵王の大木だった。
我等が母校、新町小学校の校歌にも登場します。

一、 蔵王の大木も もとこれ双葉
   お山の老松 昔は小松
   深雪をしのぎて 伸びたる姿
   雄々し強し 学ばん共に

二、 あまつひとこしえ 輝く下に
   東の山々 頂連らね
   信濃の大川 静けく流る
   広し清し 学ばん共に

中学校の校歌はぎりぎり歌えるけど、高校の校歌とか伴奏流れても絶対歌えない。
だけど小学校のは歌えるって不思議だよね~。

こんなページがあったよ。
新潟県の巨樹・巨木・名木
でも樹齢が書いてないから、蔵王の大欅のブログの人のやつのが見やすいね。
巨樹、巨木巡礼
県で分けてあるのもいーすねー。
京都もたくさんある。
大きな木には神様が住んでいるんですって。
神社やお寺に神様がいるかどうかは、境内に大きな木があるかどうかで分かるらしいよ。
巨木巡礼いいかもしれない。





ここは桂離宮の田んぼ。
柵の上に雀が3羽とまってた。



家に着いたのは6:45。
1時間の朝散歩でした。
ただただ眠いだけのあささんでしたわ。
眠すぎたので7:45まで寝ましたとさ。
いったいなんのためのあささんだったんでしょうね~。

あささんは意味がないってことを知るためのあささんでした。
毎日ウォーキングしているんだろな~っていう年配のじいさん、夫婦がたくさんいました。
歌いながら歩いているじいさん、良い声だったな~。
あれを聞くためにもう一回行ってもいいかも。
でも結局寝ちゃうから意味ないのよね、そんで今も眠いし。
ヌートリアでもいれば通うんだけどな~。

あささんとか朝活がいいとか言うけど、人それぞれだわ。
でも、やってみなければそれは分からなかったし、やってみてよかった。
先生について改めて感謝できたこと、巨木巡礼のこと、それらに気づけたんだから大儲けさ。
眠いのは今晩寝れば直るし、良い朝でしたわ。

ごきげんよう、さようなら。





スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)