ハイヤ節

私のスマホに入っている曲で、民謡だけのプレイリストを作ってみたら、なんと187曲9時間17分6秒!!!
いやあ、こんなにも入ってたなんて、わたしも驚きですわい。
こんなに入っていても、知らない曲なんて山ほどあって、有名曲しか入ってないけど、その有名曲も欠けてたり。
ごはん作るとき、洗濯もの干すとき、作業するとき、などなどスマホに入ってると、いつでも聞けて便利です。
実家にいるとき流してたら、父が口ずさみ、「なんで知ってるの?」と嬉しくなって聞いてみると、「教養があるから」とヘヘンとしました☆
その曲は『会津磐梯山』で、母も歌えて、「なんでなんで?」と聞いてみると「ここらの人はみんな知ってるでしょーよ」ですってーーーーー!
『会津磐梯山』『木曽節』『花笠音頭』などは定番中の定番なので、経験値の高い大人たちは知っているのかも。

それから、わたしのおじさんが新潟では宴会時に芸妓さんを呼んで歌ったり踊ったりしたから、なにもできないなんて無しらしい。
みんななにかしら芸を持っていた。(昔は!



佐渡のことを調べていると、「伝統芸能が豊富だ」と出てくる。
鼓童は知れ渡ってるけど、集落集落に鬼太鼓というものがあって、それぞれの踊りがあるらしい。
そういえば、わたしのリストにも『佐渡おけさ』入ってるなあと思いYoutubeで調べてみると、踊り方紹介動画をみっけた。
あるよね~っていう盆踊り定番の動きだし、テンポがゆったりだから、年齢関係なく踊れそう。



輪踊りもまた良し。
民謡流しの「ぜんぜん進まねー」ってのは、好きな人は好きだけど、こんだけ踊ってこんだけしか進んでないのかとゾッとする人もいると思う。(強制参加で早く帰りたい人ね笑)
でも、わたしは全然進まないとか、同じところを行ったり来たりするの大好き。
民謡流しは行進だけど、盆踊りは同じところをひたすらぐるぐるするだけだしね☆

そんで、衣裳がいいね!超好みだわ♥
わたしもこの変な傘かけて踊りたい。



それから、旧赤泊村に山田やまびこ会というものがある。
佐渡には他にも民謡の会があるようだけど、ここに良いことが書いてあったから載せます♪

 <本文より引用>
 私が小さい頃は山田の民謡は広く歌われていなくて、じいちゃんばあちゃんが農作業しながら歌ってた

渡辺京二さんの『逝きし世の面影』に出てきた、仕事しながら歌うって奴がまだ残ってるってことなの???!とテンション上がった。

逝きし世の面影20161116

主に盆踊りの曲をやるようだけど、その労働の時に唄ったって奴、教わりたいし、労働中に唄いたい、ひとりで歌うのは寂しいから、その歌ってるところに混ざりたい!

そして、ここにもこう書いてあった。
 <本文より引用>
 芸は身を助ける
 芸は身を助けると言うけども、本当にその通りですよ。
 そういうことをもろに私、経験してますから。
 芸をやっとることで世間が広くなったし、どこへ出ても動じなくなりました。
 民謡を覚えとることによって、仕事の場でも物凄くプラスがあると思うんですよね。

わたしが民謡流し・盆踊りにはまったのも、新潟県民だから?と嬉しくなった。
方言やその土地伝統のなにかを持ってないと思っていたけれど、あったのかもしれない。
しかも最も大事なものが♥♥♥♥

佐渡おけさの本流は『ハイヤ節』のようだったので検索してみると・・・。
ハイヤ節の源流 牛深ハイヤ節というのを見つけた。
やまびこ会のサイトにもあるように、九州から各地に伝わったもののよう。
民謡を聞いてなんか似てるなあとか、盆踊りを覚えててなんか似てるなあと感じるのは全部繋がっているからかも^^

この人がどこの人か分からないけど、とても楽しそうで元気になる。
踊り方指導の動画もあったけど、初心者には難しすぎる!もっと踊りに近いのを探すと…、





あったあった、正調 牛深ハイヤ節。
0:36くらいから踊り始まります。
あと数回見れば覚えられるかな??^^
これをマスターしてから、上の奴をやれば、マスター早いかと♪



本家牛深ハイヤ節は、自由。
舟を漕ぐ・動かす動作が振り付けになっているようだね~、特に最後のところ。



民謡もずっと習ってみたいと思っていたのだよね~。
民謡コンサートで出会った人が「教室やってるからおいでなさい」と声かけてくれたけど、ちょうど教室は月曜日で竹とかぶってて行けなかった。
近所に民謡教室も見つけたけど、なんだかしっくりこなくてねー。
民謡は好きだけど、歌えるようになったら嬉しいけど、なんか違うなーと思っていたの。

山田やまびこ会を見つけて、労働時に歌ってたというのを読んで、コレだ!ってなった。
歌も踊りも楽器もやるらしい、最高かよ。
それから、鬼太鼓の舞はなぎなたの型みたいだし、佐渡がおれを呼んでるぜーという気分♪笑

住いや仕事をネットで探したところで、そこに目的がなければどうにもならない。
佐渡のハロワ情報全部見たところで、私が行く頃には当然求人は変わる。
そこにときめきがあれば、住いも仕事もどうにかなるもの。
とりあえず行ってみないと分からない。
今は自分の都合の良いことしか考えられないけど、行ってみたら感じることができる。
あー、たのしみだなあ、週末っ!!

ごきげんよう、さようなら。







スポンサーサイト