石川雲蝶

新潟帰省最終日(2016年11月23日(水・祝))は、両親と石川雲蝶を見に行きました。
行きたいなあとぼんやり思っていて、新潟のどのへんにあるかも分かっていませんでした。
南魚沼市、小出方面でした。
せっかくの休みなのに雨で海に出られなかった父の運転で向いました。

駐車場あります。
駐車場からまっすぐ行くと鳥居をくぐれないので、鳥居の方に周って入りました。



冬は藁をかぶしている。
画像検索したら、冬以外は傘をかぶっていた。
なんだか、かつらみたい(笑)

なんと、この石像も雲蝶作らしい。
日本のミケランジェロと呼ばれた男。
博打好き・酒好き・女好き、、だけど、物を作らせたら最強の男。



鐘楼の周りも素晴らしい☆

獅子に、



鶴。



開山堂

やばいやばすぎる。
写真では伝えきれない。

父はこういうのが嫌いというわけではないけれど、そんなに興味ないのに感動してた。
そんくらいすごいのだよ。





象の鼻にぶら下がって遊んでる子供



獅子



天女



竹垣

大きいのも小さいのもできちゃう。
透かし彫りが素晴らしい。
わざわざ来る価値があります。



開山堂は茅葺き屋根なので、屋根してあった。
大事にされてる~~。

本堂は撮影禁止でしたので写真は無しです。
根性ある人は写真撮ってSNSにあげてますけど、わたしはそういうの守る派なんで。
撮影禁止って書いてなければ絶対撮ったけど、写真では伝えられないと思います。
そこに行ったことがあれば、「あ~、あれね、すごいよね」ってなるけど、行ったことない人には伝わらないね!



帰りに道の駅ででかすぎる椎茸見つけたので買って帰りました。



『青空キッチン』も来てるよ☆



その日の夕飯に食べました。

炭火焼き



この七輪は卓上できるので、テーブルの上へ。
椎茸じゃない、肉のようでした。

レシピ本にかつ丼があって、肉の代わりに椎茸って書いてあった。
肉みたいだけど、かつ丼の肉が椎茸だったら怒るね。

最後の母ごはんヾ(o´∀`o)ノ
おかずがこんなにあるなんてー。
実家帰る度にごはんちゃんとしようと思うけど、続かないのよね~。
ちゃんと生きよう。



ごきげんよう、さようなら。





スポンサーサイト