live観賞と来年の抱負

昨晩(2016年12月26日Mon)、AFRO PARKER 初大阪liveに姉と行ってきました♪
AFRO PARKERのベーシストと姉は、中学の同級生。
お友達だから見に行くのかと思ってたけど、ちゃんと行く前に新曲とかはYoutubeで見てたけど、、、予想以上のかっこよさっ!!

AFRO PARKER Official Website
2MC+5人の楽器隊からなる生音ヒップホップバンド。
2010年結成。 R&B、JAZZ、FUNKをルーツに持つ楽器隊のアンサンブルと、対照的な2MCの掛け合いを特徴とし、HIP HOPを軸とする幅広いアプローチで東京を中心に活動。 2012年にリリースした1stアルバム『Lift Off』はAmazon MP3 StoreのHIP HOP部門で1位を獲得。その後も柔軟な音楽性と劇場型のライブパフォーマンスを武器にGAGLE、韻シスト、Creepy Nuts(R-指定 & DJ松永)、Negiccoといったアーティストとの共演を果たす。 2016年10月にはレコーディングエンジニアにIllicit Tsuboi氏を迎えた2nd album『LIFE』をリリース。レーベルpara de casaから初の全国流通を実現し、勢いのあるヒップホップバンドシーンに殴り込みをかける。尚、全メンバーが月金で日本経済を支えるサラリーマンであり、各々の人事発令に従い東海、東北、北陸へ散らばりつつもそんな不都合はものともせずに鋭意活動中。

AFRO PARKER Facebook

AFRO PARKER Instagram

AFRO PARKER Twitter



こういうところ普段あまり来ないので、二人でビクビクして入ったけど、なんて楽しいんだ。
始まってすぐは2列目にいたけど、最終的には最前列で見ることができました。

いろんな人のライヴイベントだったので、1グループ何分なのか知らないけど、あっという間に終わってしまった。
もっと見ていたいー、超たのしかったねーーと二人で話しました☆
CDも欲しいなーーー♪







サックスの人、



裸足だった^^



わたしのインスタグラムに投稿した、この曲。
もしかしたらライヴで一番盛り上がったんじゃないかというくらい面白かった☆

「からだが勝手に、リズムにあわせて、踊り出すような、魔法のフレーズ」
こちらから見ることが出来ます☆







5年の歳月を経て、2ndアルバム『LIFE』が発売。
新曲“Life is good”ですヾ(・∀・)ノ
これも、こちらから見ることができます!
  (わたしのインスタグラムの投稿です☆)





会場は心斎橋のSUNHALL。



翌日仕事のメンバーは夜行バスや終電で帰ったそうです!驚
たのしい時間をどうもありがとうございました☆

ライブ後に、ベーシストの方と少しお話して、姉が差し入れのたこむす渡してました☆
たこむすとは、おにぎりの具がたこやきになってる面白握り飯です。
大阪っぽい、きっとおいしいに違いない!

そして、前列にめっちゃかわいい女が2人いる!!!!ってバンドメンバー内でざわついていたらしい☆
「あ、俺のダチっす!」って自慢したらしい♥、やったぜヾ(o´∀`o)ノヽ(≧∀≦)ノ

夕ご飯を食べてからライヴに行ったのに、帰りに姉とラーメンとビールとからあげを食べて帰りました(笑)
ライヴで動いたからね!夕飯が2回でもダイジョーブ!!



AFRO PARKERメンバーが、普段はサラリーマンってところがさらにいいなと思いました♪
わたしも普段は事務員ですので~。
複業って言うのかな?兼業って言うのかな??

秋の終りに竹に行き詰まり、悩んで落ち込んで、元気を振り絞って佐渡に行ったりしてみたけど、なにも解決せず。。
じっと考えるということは出来ない性格なので(動いてないと頭が働かない)、11月末~12月末はヤマト運輸にて早朝の仕分けバイトをしていました☆(繁忙期の短期バイト)
高校生のときからいろいろなバイトをしてきたけど、ヤマトの仕分けはもう一度したいなと思う唯一のバイト。
バイトというものは、いろいろなことに挑戦してみる機会と思っているので、一度したことあるバイトには就かない派だったのですが、「好きなことを突き詰める」という観点から、またやってみることにしたのです。
ヤマトの仕分けバイトがなぜ好きかというと、わたしは物を積むことと暗記するのが得意だから。
到着した荷物をトラックに積むってだけの仕事なんだけど、これは手際がとーーっても大事な仕事なんですね。
めんどくさがり屋なので、どれだけ手際よく・要領良くやれるかに集中します。
短所は長所って言うでしょ?笑
わたしの担当したトラックは、誰よりもキレイに見やすく積み、誰よりもキレイに伝票を分けました。
園部は男子ばかりのところに女子1人(お姉さんはいましたが)だったから好かれたというのもあるかもしれないけど、わたしはだれよりも要領よく仕事をしていたと胸をはって言います。
だれも気が付かないかもしれない小さなことだけど、それぞれこだわりを持って、たのしくやった唯一の仕事。
竹もそういう風にしたいなと思っています。
1ヶ月の短期バイトで、自分はなにが好きでなにが得意かを再確認することができました。

「仕事=辛い」が捉え方ひとつで、超たのしい!、やらずにはおられない!に変えることが出来る。
ヤマトでの仕分けのこだわりは完璧なもので、園部と桂ではやり方がやや違うし、ここでは初心者になるから、違いにそわそわしたけど、手際よくやれたときは達成感しかない、、そしてもっとやりたくなる。
毎朝4:15起床なので、起きたばっかはすっさまじく眠いけど、なんとか慣れて、そんなハード生活も明日で最後です。
ここで働くおかげで、竹はまるで出来なかったけど、幸せな1ヶ月でした。
やっと地名も覚えて、これからってときにバイバイなのでわたしも向こうも残念に思うけど、肉体労働2つは無理ですわ笑
朝・肉体労働(ヤマト)、昼・事務員、夜・肉体労働(竹)はなかなかきびちい。
そしてカンティーナオットのヘルプも重なる日は、もう疲れのピークを通り越してハイになります。
朝・肉体労働(ヤマト)、昼・事務員、夜・接客業(カンティーナオット)。
朝~昼の時点で労働時間10時間になってるところに夜だから、労働時間は12時間超えとなります。
一般企業で働いてる人はそんなの当たり前かもしれないけれどね☆
働くこと自体は好きなんです。
でも、時間や労力をどこにどのくらい費やすかをちゃんと考えないとダメですな~と思いました。

*****

自分はなにが好きで、なにがしたいのか。
「竹だけするのが嫌!」なんじゃなくて、「好きなことをしたい」っていう結論でした。
竹だって十分肉体労働で、竹作業をヤマトのようにしようと思ったら出来るはず。
斎藤一人さんの、「やってやれないことはない、やらずにできるはずがない」ってやつですね。

母に「現状は趣味だ」と言われて焦ったけど、焦ってどうにかなるわけでもないし、わたしの作ってるものはゴミじゃない。
(もしゴミだとしても、竹は燃やすごみだから、環境にも良いし、燃やした後は肥やしにもなるぜ!無駄がない☆)
今年は何回か手づくり市に出店したけど、趣味出店の多さ(めっちゃ安い)に驚きました。
趣味が高じての出店で、プロでもなく、プロを目指してるわけでもない。
・・・・・でも、そこで売れなかったのはイベントのせいでも客層のせいでもなく、わたしがまだ作れるようになってないから。
来年どうするかは全然決まってないけど、とりあえず来年はずっと後回しにしてきたことをする。
ヤマトバイトのおかげで最強の生活ペースを取り戻した。
4:15起き、5~8時まで働くってやつを、竹に充てるとどうなるかな~?\(^o^)/
そして、今はネットでも販売できるしね。
委託もあるし、そんなにぐいぐい前に出て行かないくても大丈夫な気がする。
だって、事務員のおかげで収入は安定してるしな♪、本当にありがたい職場です。

趣味と言われようが、そんなのどうでもよくて、今わたしがなにをしたいかが問題なのでした。
竹一本に絞らないのはダメとか誰が決めたんだよ、なにかひとつに打ち込むのがかっこいいとか、、知らねえよ。
人の意見に振り回されるのは今年でおしまい!!
「わたしはわたしで、あなたはあなた。お互い好きなことをやれて良かったね。幸せだよね。」by斎藤一人
わたしはこれをやっているとき幸せっていうのを増やしたり・続けたりしていたらいいんだよ。
そして、視野は広めに、「わたしはこうだからこう」とか頑固にならない、受け流す心の余裕を持つ。
好きなことを突き詰める・受け流す心の余裕を持つこと、それが来年の抱負ですヽ(´∀`)ノ

最後に、
AFRO PARKER - Life Is Good (Official Music Video)



うん、最高!バルス!

ごきげんよう、さようなら。








スポンサーサイト