土井先生

祖母が送ってくれました♡♡
祖母のブログ「おしゃべりきもの」はこちらをクリック

料理研究家の土井善晴先生の『一汁一菜でよいという提案』です。

なんとなく、レシピ本と勘違いしていたので、本だと知ったときは意外でした。
でも“はじめに”から、もう頷きっぱなし。
p.8~9「多くの人が自分の暮らしに自信が持てず、自分の将来に不安を感じるし、まだ大丈夫と思いつつも、気持ちがゆらゆらして満足しないのです。」

p.44 良く食べることは、良く生きること
・p.45「最近はよく、「機能的」なことを「合理的」という言葉にすり替えて言われますが、時間を短縮する、便利で都合のよい「機能」と、理にかなった「合理」では意味が違います。」
・p.46「仏の政治家で『美味礼讃』を著したブリア=サヴァランが「あなたの日頃食べているものを言ってみなさい。あなたがどういう人間であるか言い当ててみまましょう」と言った有名なエピソードも、食が人間を現すのだと言っているのです」

まだ真ん中くらいまでしか読んでいませんが、読み進めるば進めるほど、自分の間違いに気づき、うなだれてます。
時間カットしなきゃいけないとこはそこじゃなかったーと反省しました。
良く生きよう。



梅干しを取り出す。
2年前に初めて漬けたヤツ。
なかなか出さなかったけど、今が出す時だと思い、出しました。



美味しかった、完璧★



そんなにすっぱくない。
すっぱいけど、そんなにすっぱくなかった。



土井先生流の味噌汁。
にぼしともやしのし。
毎日食べても飽きない。



すてきな方がフォローしてくれた。
yuishin21さん



わたしもあの炭斗つくりたいな~~。

ごきげんよう、さようなら。




スポンサーサイト