退職しました

本日で事務員を退職しました🌸
4年ちょっとお世話になりました。
たくさんのことを学ばさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
引き継ぎの為、4月もすこーし出勤します( ´∀`)
写真は昨年のもので、桜はまだ咲いてません。
職場が坂の上にあったことで肺活量鍛えられたと思います!!



最初はタイピングも出来ない、メールも出来ない、というか、出来ることなんて何もなかったのに、それに怒ることなく、一から丁寧に教えていただきました。
事務員という仕事は、苦手意識のある仕事ばかりで、初めは「なんでわたし苦手なのにこれを選んだんだろ?」ってなってました。
でも、やってみると、それは「苦手だと思っていた」だけで、やってみたら出来たのです。
得意とまではいかなかったけど、したことがないってだけで、苦手ではないんだなと思いました。

竹のポートフォリオを作ったときに、どう作ればいいか分からなくて、わーってなってたときに母が、
「人がやってることは、大概できるよ」と言いました。

人がやってることは、大概できるということを実感した日々でした。
それが得意であるっていう人は、Tさんのようにどんどんどんどん仕事を任され、信頼され、憧れの存在になるんだろうと思います。
Tさんは最強で、仕事完璧で、優しくて、かわいくて、きれいで、、本当にすごい人なんです!
Tさんくらい仕事ができると、できない人を見るとイライラするんじゃないか?と思いましたが、Tさんが怒ってるとこ、舌打ちしてるとこ、悔しそうにしてるとこ、悲しそうにしてるとこを見たことがありません。
できる女の鏡のような人でした。
そういう人がそばにいて、指導していただけたこと、ありがたい時間でした。

この仕事では、ホームページ・メールサーバの管理から、給与計算、弥生会計、理事会総会資料作成、決算報告、等々。
人数は少ないけど、細かい小さい仕事がたくさんありました。
それができるようになりたかったわけじゃなかったけど、結果として、ここで得たことはこれから絶対役に立つと思います。

あー、もう、ほんとありがい職場でしたよ、もー。



終わりが見えなくて不安でイライラしてたけど、終わりが見えると寂しくて悲しい。
「やっと辞められる(辞められて嬉しい!)」と「もう会えないんだ(寂しい悲しい)」という気持ちが混ざり合い、どう表現したらいいのか分かりません。
どこに感情を合わせればいいのやら。
死ぬわけじゃないから、会おうと思えばいつでも会えるんだけどね。



生者必滅会者定離の気合い。
命あるものは必ず死に、
出会ったものは必ず別れるのです。

by『駆込み女と駆出し男』法秀院さま

生者必滅
すべては無常であって、生命あるものは必ず死滅する時がある。
保元物語「釈迦如来、ーの理(ことわり)を示さんとて」

会者定離
この世は無常で、会うものは必ず離れる運命にあるということ。
平家物語「生者必滅ーは浮世のならひにて候」



この、どうしていいか分からないときは、きっとこれですね♪

斉藤一人さんの、
「ごめんなさい」、「許してください」、「ありがとうございます」、「愛しています」だよ、きっと。。

長いバージョンもあるけど、ええと~、
「感謝しています」、「最高です」、「嬉しいです」、「楽しいです」、だったかな?
でも今は、短いバージョンがしっくりくるな( ´∀`)

ごきげんよう、さようなら。






スポンサーサイト