ご挨拶と思い出の場所

水曜日の午後に先生宅を訪問。
最後の挨拶にゆきました。

時間があったので、少し歩くけど、運動と思って、豊国神社へ。
京都駅から豊国神社まで歩くと30~40分かかります。
ゆったり歩いたから40分くらいかな。
豊国神社は学生の頃からよく行っていて、友達が近所に住んでいたので、朝も夜も、いろんな時間にここに来ました。
豊国神社の道路はさんで左側には耳塚があるんですよ。
修学旅行生がよく来ています。
近所には国立博物館があるし、三十三間堂もあるので、ここは歴史的にも暗い場所なので、ややマイナーですかね。
いつ来ても人が少ないので、人混み嫌いのわたしの大好きな場所なのです。



桜も6分咲きくらいかな。





大鐘楼



天井絵図



こんな素晴らしいものがいつでも見られるのです。
大鐘楼前の、この石段に座って友達とおしゃべりした日々が懐かしい。

ありがとう、豊国神社。



書道はせっかく、初段になったし、通信教育で続けることにしました。
書道の先生も竹の先生も、いったんお別れだけど、一生会えないわけじゃないから笑ってさよならしました。
うるるとなったけど、そこはおさえて握手して別れました。



桜がうつくしいぜ。

ごきげんよう、さようなら。





スポンサーサイト