長岡祭

最高の三日間でした!!
前夜祭はクボセイさんのとこに混ぜてもらい、民謡流し参加。
今年でなんと3度目の参加となりました。
いつもいつもありがとうございます。

IMG_7652_convert_20170805092115.jpg

長岡甚句・行進踊りだとよくわからないけど、
長岡甚句・輪踊りと大花火音頭みたいな、くるっと回転するような振付でとても映える浴衣♪
青い浴衣かと思えば黄色だったり、黄色かと思えば青かったり、、素敵!

IMG_7653_convert_20170805092056.jpg

ちょうど民謡会の前で曲切り替え。
生歌をこの距離で聴けて幸せでした。
ありがとうございます!!

IMG_7654_convert_20170805092133.jpg

民謡流し後は宴会にも参加させていただき、終了時に席に置いてけぼりにされてたうちわをありがたく頂戴してきました。
4種類くらいあったと思います~。
このままお土産にできますね!!
昨年の山下清のうちわもよかったけど、今年も素敵です。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします!

IMG_7666_convert_20170805092253.jpg

IMG_8025_convert_20170805180455.jpg

姉が撮った写真。

長岡祭・前夜祭は、民謡流し&お神輿なんです。
民謡流し中からそわそわ・わくわく、ふんどし締めて待ってた男たちのわっしょいわっしょいが始まります。
5年くらい前に商工会議所の女神輿に参加させてもらったことがあったけど、わたしの身長は平均より高いから、みんなの体重を肩に背負って青アザできて大変だった。
それから、お祭りは大好きだけど、神輿は男の仕事だと割り切ることにしました。
そっちは任した!、わたしはこっちをやるよ!(踊る方)っていう感じ。
両方出る人とかいるのかなあ?笑

IMG_7658_convert_20170805092145.jpg

宴会終わって、帰り道のわたりさんとこで猫触って、セブンの前で慰霊の花火が上がりました。
なんてちょうどいいんだ!!そしてもう十時半なのか!と驚いて、なまなまして家に帰りました。
8月1日午後10時30分に空襲があったので、この時間に白菊3発が打ち上げられ、市内のお寺も鐘を鳴らします。

「長岡花火」公式ウェブサイト 長岡まつりに想いを込めて


 今から72年前の昭和20年8月1日。
 その夜、闇の空におびただしい数の黒い影
 ―B29大型爆撃機が来襲し、午後10時30分から1時間40分もの間にわたって市街地を爆撃。
 旧市街地の8割が焼け野原と変貌し、
 燃え盛る炎の中に1,486名の尊い命が失われました。
  
 見渡す限りが悪夢のような惨状。
 言い尽くしがたい悲しみと憤りに打ち震える人々。
 そんな折、空襲から1年後の21年8月1日に開催されたのが、
 長岡まつりの前身である「長岡復興祭」です。
 この祭によって長岡市民は心を慰められ、
 励まされ、固く手を取り合いながら、
 不撓不屈の精神でまちの復興に臨んだのでした。

IMG_7655_convert_20170805092331.jpg



長岡祭・花火1日目。
新幹線で帰ってきて急いで家に帰ります。
この日は奈良からお客さんが来ていたのです~。
長岡の花火見ちゃったら、もうよその花火見られませんね~笑

IMG_7672_convert_20170805092555.jpg

どれがなに花火だったか思い出せないけど、ぶれてなくて綺麗な写真を載せます。

IMG_7736_convert_20170805092731.jpg

IMG_7715_convert_20170805092819.jpg

IMG_7759_convert_20170805092916.jpg

IMG_7717_convert_20170805092900.jpg

IMG_7760_convert_20170805092757.jpg

IMG_7766_convert_20170805092933.jpg

IMG_7772_convert_20170805092957.jpg

平日だったから、そんなに人も多くないし、、そして涼しいから最高でした!

IMG_7877_convert_20170805093013.jpg

復興祈願花火フェニックスの動画を私のインスタグラムに投稿したのでよろしければご覧ください♪






長岡花火・二日目は、おばさんちの屋上から観ようと思ってたけど、知り合いからスポンサー席を譲り受け、すんごいところで鑑賞することができました。

この写真は新幹線ホームから改札に出ようとしてるときの写真。
昨日より人が多い。
中国みたいに春節の人手に合わせた空港サイズにすればいいのに笑
普段がら空きだけど、祭りのときスムーズだよ。

IMG_7882_convert_20170805093236.jpg

夕ご飯は姉が作ってくれました~。
イタリアンシェフに嫁ぎ、技を身に着けていく姉!
素晴らしく美味しかったです♪
作り方も教えてもらいました~~~♡

IMG_7885_convert_20170805093218.jpg

昨日いっぱい撮ったから、あんまり写真は撮りませんでした。
観るのに集中してたんですね~。

IMG_7967_convert_20170805093305.jpg

IMG_7976_convert_20170805093336.jpg

IMG_7995_convert_20170805093400.jpg

最後の光のメッセージが好き。
「花火師さんに感謝の気持ちを伝えましょう、5、4、3、2、1、ありがと~~」でライトを振る。
キラキラで綺麗だし、花火師さんたちも赤い棒状の花火で返してくれるんだよ~。
参加型っていいよね、わくわくする。
また来年も楽しみにしています!ありがとうございます!!

IMG_7999_convert_20170805093420.jpg

花火2日目はあまり撮影しなかったので、上手く撮れてる写真を家族からもらったので載せます♪

父が屋上から撮影した写真!

IMG_8007_convert_20170805093458.jpg

母が撮った写真♪

IMG_8008_convert_20170805093521.jpg

IMG_8009_convert_20170805093534.jpg

今年は2日間とも河川敷で観ることができました!
感動をありがと~~!

IMG_8010_convert_20170805093551.jpg

最高の3日間でした。
大満足!

そして『この空の花』花火!!
映画の中のセリフ「まだ戦争には間に合いますか?」を思い出して泣きました。
この曲は、ジブリでおなじみの久石譲さんが作られているので、長岡花火の花火+曲の中でずば抜けて美しい曲となっております。
インスタに投稿したら、わたしの周りの方々も『この空の花』花火が一番好きだと言っていて幸せになりました。




花火の打ちあがる音は、空襲を思い出させると言うお年寄りもいます。
戦後の長岡花火を支えられた花火師・嘉瀬誠次さんは 「世界中の爆弾を全て花火に替えたい、そして二度と空から爆弾の降って来ない世の中になって欲しい」 と言っています。
そして、長岡の花火が大好きだった山下清画伯も 「みんなが爆弾なんかつくらないで、きれいな花火ばかりをつくっていたら、きっと戦争なんか起きなかったんだな」 という言葉を残しています。

大林監督は、「まだ戦争には間に合いますか?」というセリフの意味をこう語っています。
 「それは想像力を働かせること。
 相手の痛みに思いを馳せること。
 人間にしか出来ない能力である。」


『この空の花』は、好き!っていう人と、なにこれ(嫌い)!となる人と分かれる映画です。
下のページは好き派の人のブログだけど、わたしが言いたかったことそれ!ってことを書いているので載せます。

エンターテイメント日誌 
大林宣彦監督「この空の花 - 長岡花火物語」


≪本文より≫
本作はフィクションでありながらモデルとなった登場人物も登場し、アニメーションあり、紙芝居あり、高校生による演劇あり、ごった煮である。果たしてこれは映画なのか?それともドキュメンタリーか?いや、ジャンル分けは無意味だ。その全てを包括しているのだから。「この空の花」は何でもあり、死者と生者が共存するワンダーランドである。僕は物語の中盤からとめどもなく流れ続ける涙をどうすることも出来なかった。

『死者と生者が共存するワンダーランドである』だって!!
(盆踊りも死者と生者が共存するワンダーランドだ!!)

文章力・日本語力って素敵だなと思いました。
観た人にしかわからない感想だけどね。
伝わる人に伝わればいいの。
大林監督、素晴らしい映画をどうもありがとう。

ごきげんよう、さようなら。




スポンサーサイト