2級を取った訳

日商PC検定(データ活用)2級合格で、たくさんの人から褒めてもらってムフフンとしています♪
なんかすごそうな検定だけど、中身はいったい??って人のために、
実技の受験内容と、どんなことが出来るようになるのか書きます。

データ活用というのは、集計表とグラフを作成し、集計結果を分析するというもの。
なので問題も、
「商品の品揃えを抜本的に見直すために~」とか、
「夏期の商品構成、男性客・女性客へのアプローチ」とか、
「販売強化キャンペーンの実績分析と来週開催される営業会議の資料作成」などと出題されます。

ただの売上集計のときもあれば、売上集計+アンケート集計という場合もあります。
そしてお題ごとに、グラフの形も変わるのがめんどくさいところ!
ABC分析とかレーダーチャートとか散布図とか聞きなれない言葉が出てきます。
普段から使っているという人から見たら、基本の基本だと思うけれど、使ってこなかったので覚えることいっぱいでした。
最初は「このグラフでなにが分かるんだ?」と不思議に思ったけど、終わってみたら、よく考えられたグラフだなと感心しました笑

実技の問題はこんな感じ。
まずは、問題文。

それぞれの細かい命令は無視して要約すると、、
問題①冷凍食品売り場の、性別ごと・年代ごとの売上集計表を作成しろ
問題②冷凍食品・洋食の売上管理表をもとに、売上高・粗利益率の散布図を作れ
問題③分析結果をもとに、文章の空欄を埋めろ
・・・と言っている。

IMG_8062_convert_20170810232542.jpg

集計表を作るためのデータと空欄の集計表が渡されるので、それを開いて集計表を作る。

左がデータで、右が集計表。

エクセル290809-01

集計表にデータを持っていくために、まずは、データをVLOOKUP関数でつなげる。
つなげるというのは、データは、「売上データ」「商品番号」「仕入原価・販売原価」などのデータが、
2~3ページに分けられて作成されているので、それを1枚のページに集めて、表を作るための前準備のようなことをする。
元データがどこまでで、どこからが持ってきた(VLOOKUPでつなげた)データなのかわかるように色分けする。
全部つなげたら、集計表で使う「うりあげ」「げんか」「ねんだい」の行を追加する。
これは簡単!
関数使わずにできる。
セルに、=I2(販売価格)×C2(数量)を入力するだけ。
販売価格×数量=うりあげで、仕入価格×数量=げんか。
(追加した行がどれかわかりやすいように、ひらがなで記入するのもコツと先生が言っていた)

ねんだいは関数を使うんだけど、これも丸暗記すればダイジョーブ。
使う関数は、ROUNDDOWN関数。
端数切捨ての関数。
だから、=ROUNDDOWN(年齢のセル,-1)でOK。
-1ってのは、年齢が23歳だったら、端数無しになるから、20代ってことになる。

エクセル290809-02

挿入パネルの一番左のピボットテーブルで表を作って、それを集計表に貼り付けて、売上構成比とか粗利益とか計算して、あとは指示通りグラフを作って、集計表をもとに問題③に答えればOKなのだ。

エクセル290809-03



検定に合格するために、集計表を作る方法を学んだけど、これはいったいこれからどう役に立つのか?というのがある。
どこかに勤めるとしても、だいたいのところはすでにフォーマットがあって、一から作るなんてことはほぼほぼないと思われる。
わたしの竹細工はまだ商品番号をつけるほどたくさん種類がないし、分析表作るほどの実績もない。
分析表つけるとしたら体重移行くらいかな笑

↓「最近使用した関数」
日商の検定で使う関数はこのくらい。
VLOOKUPはデータつなげるのに必要で、
ROUNDは四捨五入、
ROUNDDOWNは年代を計算するのに必要で、
IFは「○○だったら△△」に使うやつ(ランク付けとかで使う)で、
RIGHT, LEFT, MIDはシリーズ抜き出しに使う関数。
たとえば、商品コード:BLK-C-ASというものがあったとき、
左から3文字目まで抜き出したいといとき、=LEFT(商品コードのセル,3)とすると、BLKだけ抜き出せる。
右から2文字目まで抜き出したいときは、=RIGHT(商品のコードのセル,2)で、ASと抜ける。
MIDは真ん中を抜きたいときに選ぶ関数で、=MID(商品コードのセル,5,1)でCだけ抜き出せる。
5というのは5文字目、1というのは1文字という意味となる。

最近使用した関数290811

この「最近使用した関数」に出てる7つを覚えれば日商は取れるってことだ笑
検定の模擬問題は細かいひっかけが多くて、「ダメダメだ、落ちるな」って思ったけど、本番はひっかけなんてなくて、むしろ超簡単だった。
簡単すぎて、なにかひっかけが隠れてんじゃないか?と思うくらい。
もしろ、どうやって100点以外を取るんだと言ってもいいくらい簡単だった。
でも、あれを簡単だったと思うために、サラッとできるために、あの模擬問題のひっかけたちは必要だったのかも。

日商検定から離れて、、
集計表を使えるとわたしにとって、どう良さそうなのかは、
まだわたしには必要ないけど、「商売スタートしてる人の役に立てる」っていうこと!!!!
できることが増えるってことは、誰かになにかをしてあげられることが増えるということ。
百もの仕事をしたかつての百姓になるために、できることが1つ増えたということ。

検定はたくさんのデータをまとさせられるけど、データはたくさんじゃなくてももちろんOK。
一つのファイルに、「商品データ」と「納品書」・「請求書」を作って、商品コードを入力すれば納品書・請求書が完成するというものが作れる。

これは授業でやったヤツ。

商品データを、

masuta290811.png

VLOOKUP関数でつなげて、
IF関数を使って空欄部分に「#N/A」ノーアンサーのエラーが出ないようにしたり、
余計なことをして土台を崩さないようにセルにロックをかけたり、、
発効日を本日にしたいときは、セルに、「=TODAY()」とすると今日・なうの日付が表示されるようになるとか、、。
あとこれも検定以外で使わないんじゃないかなーと思うけど、=DATEDIFというものがある。
生年月日欄はあるけど年齢が書いてないときに使う関数。
SUM、IF、COUNT、VLOOKUPも賢いけど、このDATEDIFもなかなか面白い。
エクセルの関数王は日本人らしいよ♪
使いこなせたら超楽しいと思う。

seikyusyo290811.png

習ったことを使っていろんなことができそう。
それこそが実践だもんね!
実際に使えなかったら、検定なんて名前だけ。
高校三年生の時に漢字検定2級取ったけど、漢字苦手。
漢検持ってるっていうの恥ずかしくて言えないもん。
履歴書に書けたらかっこいい検定じゃなくて、使いこなせるから持っているで居続けるために、どんどん使っていきたい!!

授業でこんな出席簿も作ったよ。
SUM関数とCOUNTIF関数を使って作られた表。

SUMはエクセルの超基本、合計を出すための関数。
COUNTIFは名前のとおり、セルの数を数える+○○だったら△△の関数。
下の場合、欠席時間=SUM。
欠席日数・遅刻早退=COUNTIF。
~~率は関数使わない、普通の計算式を入れればいい。
その隣の状況はIF関数で、=IF(U7<0.8,"退校",IF(V7<0.8,"退校",""))と入力してある。
検定の問題で「ABC分析グラフを作れ」系で出てくるランク付けがここで使えるという訳。
ダブルコーテーション2個("")は、空欄だったとき #N/A のエラーが出ないようにするための小技。

syussekibo290811.png

入力の手間をはぶき、超簡単な超基本の関数を使って、ちゃんとしたものを作る。

今は、フォトショップもイラストレーターも終わったところ。
この二つが使えるようになると、バナー広告やロゴが作れるようになる。
フォトショは写真+文字の組み合わせで、イラレは色紙を重ねて模様を作るって感じ。

bana-290811.png

rogo290811.png

盆休み明けから、ネットショップ検定の勉強が始まり、終わるころにネットショップ立ち上げるためのドリームウィーバーというソフトの勉強が始まる。
フォトショ・イラレ・ドリームウィーバを使いこなせるようになったら、ネットショップが構築できるようになるというわけ!!
ネットショップ運営に集計表はかかせないでしょ。
だからまずエクセルの勉強があって、検定合格を目指すわけなんですわあ。
ありがたい学校ですね~。

授業始まる前に、フォトショもイラレも超難しい!と脅されたけど、全然難しくない。
クセはあるけど、たいしたことない。
だってわたしは鉈を扱ってるんだぜ?
戻るボタンで戻れる操作なんて泣けるくらい簡単だわ。
難しいの基準がわけわかめだわ。

まずは、学校卒業か卒業する前くらいに母のネットショップを構築する。
身内からスタートしていって、それをゆくゆくは仕事に~♪
母のHP ふんどしぐるぐる
今作りまくってるから、わたしがネットショップを立ち上げられるようになるころには在庫ができあがってるはず。

いろいろ楽しみ~~。
それはそれ、これはこれで、やることいっぱいなんだけど、淡々とこなしてわくわくして生きていこうと思います。

ごきげんよう、さようなら。


スポンサーサイト