トップページとバナー

今日の授業はトップページと正方形のバナーづくり。
「老舗和菓子屋さんのトップページだから、高級感あふれるように余白を意識して作ること」というお題。
HPの背景は、白か黒、どちらかで作るのが定番で、老舗なので黒で作ることにして、
バナーと店名の背景の色は、高級感を表現する色「茶・紫・紺」から選ぶことになった。
グループワークで、少人数クラスなので全部で3つのグループに分かれるんだけど、
たまたま選んだ色がバラけたから、それぞれの配色が見られるのかと思ったら、
選んだトーンがそれぞれ違ったので、同じグループでも違うもののような作品ができて面白かったです。

和菓子トップページ_convert_20170831185309_convert_20170831185834

グループワークにするのは理由があって、
実際に手を動かして作るのはそれぞれの能力次第だけど、
色決めで止まってしまったら、手を動かすことが出来ないから、グループで使う色を決めてしまって作り始める。

グループワークは、色決めのためもあるけど、
グループで自分の意見を出す・伝えるという練習でもあるらしい。
今は1枚のものを作る程度だけど、これからネットショップを作りはじめる。
トップページ写真、バナー、レイアウトのバランス、フォントの種類・色とかいろいろ決めなくちゃならない。
自分一人でやるなら自分の好きなように出来るけど、グループとなるとそうはいかない。
わたしは基本的にひとりで出来ることをやってきたから、それが少し心配。

でも、グループでよかったなと思うのは、キャッチコピーを決めるとき。
人の作った、一人じゃ思いつかないようなキャッチコピーは面白いし、
それをグループで発表し合って、ひとつに練り上げるのはなかなか楽しい。

その次に作った正方形のバナー。
見本が楽天のだったから、Rakutenってめっちゃ入ってるから一応ばってん書きました。
これを作るときのコツは字の位置を揃えることと、全部のフォントを太くしないことだそうです。

rensyu290831.png

課題制作たのしーなーと電車に乗り込み、SNSをチェック。
学校いるときはなにかしら作っててそれに集中してるから、電車でしかスマホいじらなくなった。
面白いツイートがあって、ひとりで笑ってしまったよ。

IMG_8431_convert_20170831185859.jpg  IMG_8432_convert_20170831185906.jpg

そして、今日の夕焼け、とてもきれいだった。
電車乗ってるときから気づいていたんだけど、帰る間中ずっときれいで幸せな気分になりました。

IMG_8437_convert_20170831185356.jpg

いつものところに、いつもの猫いて、いつもどおり触って帰る。

IMG_8439_convert_20170831185825.jpg

今日の安田さんのツイート。

IMG_8430_convert_20170831185850.jpg

学校卒業したら、フォトショップ・イラストレーターを買おうかなと思ってたんだけど、
フリーのデザインツールがたくさんあることを知って、それらの紹介サイトで、梅原真さんという人物を見つけた。
梅原真さんは、グラフィックデザイナーで、梅原デザイン事務所代表。
HPかっこいいし、見たことある~っていうのがあって楽しい。

梅原真デザイン事務所 - UMEBARA DESIGN OFFICE

日本デザインセンター主催のトークイベントの記事がとっても面白かったから、ぜひ読んでほしい。
一瞬でファンになったし、後編の最後のところはなぜかうるっと来た。(方言のところ)
ばーちゃんから借りた、
岩波現代文庫「女の民俗誌」宮本常一
梅原さんトークイベントの記事を読んだときにこの本の、
第3章・女の物語の『母の思い出』(300頁)の「おそろしかったの」を思い出して幸せな気分になったのでした。
それを読んでいるとき、ちょうど夕焼けがきれいで、併せて最高の演出だったのでした笑

≪本文より引用≫
デザインの力で高知県をはじめとする地方を盛り上げてこられた梅原さん。
そのお仕事の数々をご紹介いただきながら、そこにいたるまでのデザイン思考を伺いました。
時折登場するダイナミックなエピソードに笑いに包まれる場面もあり、刺激的な2時間となりました。
レポート前編では、逆境から魅力を生み出していく梅原さんのデザインについてお聞きします。



土地の力を引き出すデザイン 前編

土地の力を引き出すデザイン 後編

多重露光エフェクト02_convert_20170828210114


繰り返し読もう。

ごきげんよう、さようなら。





スポンサーサイト