長もの③荒割り・剥ぎ2~3回目

  • 2013.10.18
 今朝は荒割り・剥ぎの続きをしました~

 長ものは幅を変えながら編むので、

 3種類のひごを作る予定です(^^)♪

 1分と8厘と5厘くらいかな~~

 やることは昨日と同じです。

 ただ、薄くなってきているので力が要りません!

 まっすぐ割ることを心がけてやればいいだけです~

 薄くでビヨビヨ動くのでトゲに注意して割ります!

 take20131018-1.jpg take20131018-2.jpg

 take20131018-3.jpg take20131018-4.jpg

 九州の竹職人も同じ真竹を使いますが、

 1回で使う厚みまで剥ぎます

 京都のやり方は材料にするまで最低でも2回は剥ぐんですよね~~

 丁寧さは出るし、京都はわりと身を使って編むもののあるし・・・

 でも九州もあるだろうな~

 ロスなのか、ロスではないのか・・・・?

 長野や岩手に行くと、細い竹(根曲り竹)を使うので、

 もちろん1回で使う厚みまで剥ぐそうです
 
 土地のやり方があるけど、

 わたしは京都で習って、新潟でやっていこうと思ってたら

 どっちのやり方をしていけばいいんだろーねーー??

 Img_8243.jpg

 新潟の竹は雪のせいで固い → 割りにくいけど丈夫なカゴができる!

 去年、見附で竹をもらってきて、

 固いから軍手して作業してたのに、軍手を突き破って

 ミシン針くらいの竹が、左の親指を貫いたの!!

 その竹を抜くときは思ってたより痛くはなかった。

 それから、新潟の竹は割ってない・・・

 言い訳言ってないで、強くなるしかないな。


スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)