九州竹旅行④日目_岩戸・高千穂・日之影・大分市・別府市

  • 2014.01.16
 九州竹旅行④日目_2014年1月13日(祝・月)

 今日は宿のオーナーに言われた通り朝早くから岩戸周辺の神社をめぐり、

 朝一番に高千穂峡に行くことにした!!

 6:30に朝ごはんを食べ、

 t260113-1.jpg

 天岩戸神社へ

 着いたのは7時前。とっても寒かったーー

 t260113-2.jpg

 川沿いに降りると何かあるそうで、時間に余裕もあったので行ってみることに。。

 川沿いなので、ますます寒い!頭にマフラー巻きました~

 木に見えて、コンクリの橋~・・・おしい

 t260113-3.jpg t260113-4.jpg

 寒い寒い~っと言いながら歩いていると、大きい岩の中に祠が!!

 暗いし、雰囲気が怖かった!!

 t260113-5.jpg t260113-6.jpg

 石が積んであったーー

 最初は怖かったけど、人が積んだと思ったら怖くなくなった

 ちょっとかわいいかも~~

 t260113-7.jpg t260113-10.jpg

 でも、やっぱり怖いわーー

 祠の中から撮った写真

 t260113-8.jpg t260113-11.jpg

 そうそう、ちょうどこんなのに睨まれている感じだったーー

 t260113-12.jpg

 朝焼け~~

 高千穂峡に移動します~~

 t260113-13.jpg

 20分くらい早く着いちゃったけど、受付開始まで待つことにした~

 t260113-14.jpg t260113-15.jpg

 水がきれいだね~~

 ボートもたっくさん!今はオフシーズンだけど、夏とか人がすごいんだろーーなーー

 t260113-16.jpg t260113-17.jpg

 鴨にえさやりーー 

 人間慣れしてるから近くまで来たーー

 t260113-18.jpg t260113-19.jpg

 待ったかいあって1番にボートに乗り込む!!

 海でのゴムボートは漕いだことあったけど、こういうボート漕ぐおは初めて!

 難しいけど、楽しかった~~♪

 乗ってすぐはボート漕ぐのに夢中だったけど、

 あの場所の雰囲気とか、もうなんだか全てが大きくて怖かった!

 t260113-20_.jpg t260113-21.jpg

 岩の壁からも、川の中からもなにかが見ているような感じだった。

 t260113-22_.jpg t260113-23.jpg

 おそろしくてすてきなところっていう感じー

 表現できないけど、一度訪れることをおすすめするところ!

 機会があればまた行ってみたいけど、心の準備が必要だね~~

 t260113-24.jpg t260113-25.jpg

 深いところには魚もいた

 鴨のエサは魚にもあげていいみたいだったので、潰してあげた~

 t260113-28.jpg t260113-27.jpg

 ボート操るのは思ってた以上に難しく、楽しくもあったけど、

 石に乗り上げたとき、写真撮られて恥ずかしかったわい

 Uターンして、浅いところで朋ちゃんと漕ぎ手交代!!

 このくらいから混みだして、滝のすぐそばを通らないといけなかったり、

 他のボートにぶつかったり、大変だった!!

 t260113-29.jpg t260113-26.jpg

 1番に乗って、1番に帰ることができてよかったー

 オフシーズンだからこんくらいですんだけど、夏とかは人すごいんだろーなーー

 t260113-30.jpg t260113-31.jpg

 今は、水がかかったら寒いだけだけど、夏は気持ちいいんだろーなーー♪

 t260113-32.jpg

 ボートからあがると、ちょうど30分だったので追加料金なし!!

 (ボート1隻/30分2000円・延長料金10分ごとに300円)

 ボートには最大3人まで乗ることができます!

 昔のデートとかで湖でボートとかあったみたいだけど、

 男の人はデート前にボートの練習が必要だなって思いました

 難し楽し恐ろし美しかった

 
 さて、日之影の職人さんのところにむかいます。

 車で約30分!!この日の午前中は短距離移動が多かったので、朋ちゃん運転でした

 うにゃうにゃと迷ったけど、無事到着~~

 仕事場とカルイを見せてもらいました~

 この職人さんも掘りごたつ形式でした~

 わたしも仕事場を持つようになったら、そうしよ~~

 足しびれないし、長く作業できそうだ~

 あ、あと、ここのお家にも“NO NUKES”のポスターが貼ってあった

 t260113-34.jpg t260113-33.jpg

 日之影の竹細工資料館まで道案内をしてくれるそうで、

 一緒に車に乗って、レッツゴー―

 h260113-1.jpg h260113-2.jpg

 たくさんのカゴに出会った~

 なにに使われるかで、カゴの大きさ・目の大きさが違う。

 おもしろかった~

 背負うカゴの取っ手はわら細工!わら細工も習いたいな~~♪

 h260113-3.jpg h260113-4.jpg

 「ざるの内側に入っている竹ははずれないのですか?」と質問したところ、

 その内側の竹は“張り輪”と言って計った長さより長めの竹をはめ込んでいるから、

 はずれないし、丈夫になると言っていました~~!

 あと、これは水俣で聞いた話だけれど、

 外側の幅の狭い竹の意味は、竹ひごが裏返り防止のためらしいよ

 h260113-5.jpg h260113-6.jpg

 茶わんカゴほしーーー

 カイコバラは新潟でもみたことあるな~

 h260113-7.jpg h260113-8.jpg

 これは、塩を水切りする道具。

 カゴを吊るして使う。下に受け皿を置いとけば、にがりが取れる!

 h260113-9.jpg h260113-10.jpg

 目の大きさで何用か決まるんだってさ~ん。

 六ツ目編みの1番最初のひごの上に巻竹してあった~

 丈夫そう~

 h260113-28.jpg h260113-29.jpg

 細かいのもざっくりしてるのも素敵

 どっちも作れる人になりたいな!!

 h2601113-24.jpg h260113-13.jpg

 小さいのもあれば、大きいのもある。

 小さいのは何に使うか分からないけど、大きいのはいりこを入れるカゴだそうです

 日之影は海から遠いので、いりこは貴重な海の食べ物だったのです

 猫やネズミに取られないように吊るして使いました。

 竹カゴなら風通しもいいので、もってこいだったでしょうね

 h260113-18.jpg h260113-23.jpg

 漁の道具。

 h260113-11.jpg h260113-20.jpg

 右のはカニを捕まえる道具、左のは取ったウナギを入れておくもの。

 h2601113-12.jpg h260113-19.jpg

 ウナギ取りのカゴたち。。あ、右のは違うのかもーー

 h260113-22.jpg h260113-25.jpg

 先がすごくすぼまっているけれど、このくらい細くないとウナギは逃げちゃうんだってさ!

 h260113-27.jpg h260113-26.jpg

 こんな風に使ってた!

 今はプラスチックが主流だから、竹製のカゴを置いておくと盗まれたりするらしい!!

 わたしも盗みはしないけど、交渉はするな~~

 これがあったら川の近くに住んで、意味もなく毎日採ると思う!!

 そんな生活たのしいにきまってるーー!

 h260113-21.jpg

 こんどは山作業のカゴ。

 腰につけて使うタイプと背負うタイプ。

 h260113-17.jpg h260113-14.jpg

 かわいい♪ これをつけて山を歩きたい!

 h260113-15.jpg h260113-16.jpg

 このカルイというカゴ、とっても丈夫なの!

 背中にフィットする形で背負う部分はわら細工

 編み方は不明だけど、見本として1つ購入しました~~

 h260113-30.jpg

 大きい大きいカゴもあったーー!

 カイコの葉っぱを摘んでくるカゴなんだってさ♪

 カイコはわがままで、ぎゅうぎゅうに押し込められて潰れた葉っぱは食べないので、

 このカゴにふんわり摘んできたんだってさ

 h260113-31.jpg h260113-32.jpg

 外国のカゴの展示もあった!

 h260113-33.jpg

 か~わいっ!!

 h260113-35.jpg h260113-34.jpg

 日之影の商工会議所でお茶をいただき、

 職人さんにお礼を言い、大分に向けて出発です!!

 道の駅でたこ焼きとお団子を買って、つまみながら運転スタートです!

 およそ3時間かかります~~ 山道を走ります~~

 朋ちゃんは都会っ子なので、山を見ては喜び、雪が降っては感動して

 運転してて不思議な気分だったー

 「すごい山!」「雪だーーー!」と喜んでいるのを見て、新鮮だった

 ooo260113-1_convert_20140117124352.jpg

 途中の県境・阿蘇で高森町で牛に会う。。

 角が切られてた。乳用??

 aso260113.jpg

 山を抜けて、町に出ます~

 大分市の芸術会館でラストコレクション展に竹細工も出ているそうなので見てきました~

 生野祥雲齋さん・初代田辺竹雲斎さんなどのカゴが展示されていました。

 これまで見てきた竹は実用品でしたので、

 急に美術品だったので、なんか変な感じでした~

 どっちも同じ竹を使っているのにこんなに違うなんて~ なんておもしろいんだ~~

 カゴも面白かったけど、福田平八郎さんの絵が好きになった。

 普段、美術展なんか行かないから知らなかったけど、有名な人なんだってね。

 竹や水をモチーフにした絵が気に入った~

 いろんな色をした竹の絵があって(下のじゃない)、

 伸びたての青々した竹、2年目の緑色の竹、3~4年の黄緑色の竹、5~年くらいの黄色い竹。。

 今の自分はまだ最初段階で、もう少したったら緑っぽくなってくるかなーとか、そんなこと考えた(笑)

 海魚という作品も好きだった。あと、白梅っていう作品も。 

 oo2601113-1.jpg o260113-2_convert_20140117123220.jpg

 見終わって、別府に移動!

 海のわきを走ります~ 別府まで約30分!

 写真では映らなかったけど、湯けむりがいっぱい見えた!

 さすが別府!!温泉の町~~♪

 ooo260113-2_convert_20140117124341.jpg

 この日の泊まるゲストハウス!別府駅から徒歩5分くらい??

 4人部屋だけど、オフシーズンだったので貸切です!!

 荷物を置いて、ごはんとお風呂にいきます!!

 bh260113-1.jpg bh260113-5.jpg

 別府名物・とり天とだんご汁もある韓国料理屋さん♪

 店員の韓国人の女の子がかわいかった~

 まずは、肉!! 

 bh260113-2.jpg

 とり天とクッパと石焼ピビンバ♡

 bh260113-4.jpg bh260113-3.jpg

 このあと駅前高等温泉に行きました~

 入浴料200円!

 玄関⇒受付⇒扉⇒脱衣場⇒階段下りて⇒風呂

 扉間違えて開けたら、丸見え形式でした~~笑

 湯船からお湯を汲んで体を洗って入る。

 湯船が1段下がったところにあったのでお湯は汲みやすかった~

 でも斬新でびっくりした~~ 

 ホテル帰って、日之影でもらったおやつとみかんを食べて寝ました。

 九州竹旅行⑤日目に続く~♪






スポンサーサイト