桂籠①

  • 2014.03.05

 昨日の石田先生のとこのお茶菓子

 “ひちぎり”ってお菓子だそうです。

 宮中からいただいたお餅を引きちぎって作ったお菓子なので、

 ひきちぎる → ひっちぎる → ひちぎり となったそうです♪

 ひな祭りのお菓子だそうで、こしあんと粒あんとなっております


 さて、わたしたち竹工芸は専門学校のときから、机は丸太でした。

 刃を打ち込むことがあったり、ひご作りで厚みを揃えるときなど、

 どっしりした重い机が必要だったのです。

 わたしたちは入学から丸太が机だったので、違和感はないのですが、、

 他の専攻の人たちは珍しがりました笑

 uru260304-1.jpg

 この日にわたしが使った丸太になにか茶色のものがついていました。

 でも、机が多少汚れてたりするのはよくあることなので、気にせず編んでいました。

 先生が言いました。

 「乾いたかな~」

 段ボールに濡れたタオルがかけてあって、なにか蓋のような紙が置いてあったけど、

 今日は忙しかったから作業がほとんどできなかったと言っていたし、

 でも、それはやっぱりムロで、今日?昨日塗ったんですかい???焦、、まさかまさか

 「先生、もしやこれは漆でしょうか?」

 と、丸太と左手に移った茶色のものを見せる。

 「やや、しまった!これで拭きなさい」

 とテレピンを渡し、丸太についた漆を小刀ではぎとった。

 わはは~、先生やってくれるわい。

 わたし、まだかぶれたことないんだよね~、

 漆に対する免疫がない。今日のところまだかぶれてないけど。

 1週間くらいはかぶれに注意しないといけない。

 ・・・お菓子が美味しかったからOK


 桂籠

 はい、もう、失敗だらけです。

 uru260304-3.jpg

 折れてはないけど、縦に割れてるとこが多々あり。

 2本寄せの2本飛び網代。

 uru260304-2.jpg

 角っこがむずかしいーー。

 角の隙間が隙間に見えぬようにしなけばならぬのです。

 為せば成る。。?らしい

 uru260304-4.jpg

 あと2つ分くらい材料あるし、気長にね。

 uru260304-5.jpg

 為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

 yozan_meigen.jpg by上杉鷹山



  
  

 



 
 
スポンサーサイト